今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

排水口を雑菌まみれにしないために、覚えておきたい掃除方法とは?

キッチンや洗面台の排水口の掃除、みなさんはどのくらいの頻度で行っていますか?

こまめに掃除しているつもりなのに、すぐにぬめりが出てしまうと悩んでいるひとは、案外多いのではないでしょうか。

この排水口のぬめりの原因は、細菌やバクテリアなどの雑菌です。排水口が雑菌まみれと考えると、それを防ぎたいと思いますよね。

そこで今回は、排水口が雑菌まみれになる原因やそれをキレイにする方法、排水口に触らずにぬめりをとる方法などについて、お話ししたいと思います。

排水口が雑菌まみれになる原因とは?

キッチンの場合、シンク内にネットや三角コーナーを設置して、料理くずが直接排水口に流れ込まないようにしているのが一般的でしょう。

ですが、排水口にいる細菌やバクテリアにとっては、そうした料理くずから流れてくる水の中に、豊富なエサが含まれているのです

また、調理中に油分が流れることもあると思いますが、これらが雑菌が繁殖してできるぬめりと一緒になると、余計に汚れがひどくなってしまうのです。

また、洗面台やお風呂の排水口の場合は、髪の毛や石けんかすなどが雑菌のエサとなり繁殖を促すとともに、雑菌から出る老廃物がぬめりとなってたまっていくのです。

そう考えると、キッチンや洗面台、浴室などの排水口は、雑菌まみれといって過言ではなく、ひどくなる前に早めに対処する必要があります。

排水口に触らずにぬめりをとる方法とは?

排水口の掃除方法ですが、基本はこすって落とすことです。直接触るのが嫌なひとは、あらかじめビニール手袋を用意しておくことをおすすめします。

歯ブラシと除菌成分が入った洗剤を使う

古くなった歯ブラシなどを使って、ぬめりを落とします。その際、除菌成分が入っている台所洗剤や浴室用洗剤を使うと、ぬめりの発生を一定期間抑えることができます。

排水パイプ用洗剤を使う

ビニール手袋を使っても、排水口を触るのが嫌な場合は、液体の排水パイプ用洗剤を使って掃除をしましょう。

ただし、排水パイプ用洗剤は非常に強いので、排水口ネットや三角コーナーにかかると金属がさびてしまうことがあるので、注意が必要です。

とはいえ、決められた量を排水口に流して30分程度おくだけと、とても手軽に掃除ができます。

重曹・クエン酸(酢)を使う

手間やお金をかけずに排水口の掃除をしたい場合は、重曹やクエン酸、酢など、家庭にあるものを使って掃除をしましょう。

用意するのは、重曹1カップとクエン酸または酢を小さじ2杯、そしてお湯を1カップです。

お湯にあらかじめクエン酸を入れて溶かします。排水口にまんべんなく重曹をふりかけるのですが、量が少ないと効果が半減するので、たっぷりかけるように心がけてください。

次に、そのうえから用意してあるクエン酸を入れたお湯または酢を少しずつかけ、発泡させます。酢を使う場合は、温めておくとより効果が高くなります。ですが、ふりかける量が多すぎると、重曹と反応して中性になり、掃除の効果が低下しますので、注意してください。

泡が立ち始めたら、そのまま10~30分ほど放置します。炭酸ガスが発生すことで、汚れを浮き上がらせてくれます。最後に、ぬるめのお湯で洗い流しましょう。

アルミホイルを使う

またアルミホイルを使った掃除方法もあります。アルミホイルと割りばし、セロハンテープを用意します。

アルミホイルを、割りばしの半分くらいを覆うように巻き付けます。割りばしに巻き付けたアルミホイルが抜けないよう、セロハンテープで固定します。そして、排水口の汚れているところを、アルミホイルでこするのです。抗菌作用があるので、おすすめです。

排水口ぬめりを予防する方法とは?

では、掃除してきれいになった排水口を、再び雑菌まみれにしないために、ぬめりを予防する方法について、お話ししておきましょう。

ぬるま湯を勢いよく流す

まず、排水口を使った後は、ぬるま湯を勢いよく流す習慣をつけることです。汚れがこびりつく前に、流しておくのがポイントです。

アルミホイルを入れておく

一番簡単なのは、アルミホイルを使うものです。アルミホイルを軽くまるめ、それを排水口に入れておくだけです。ただし、キッチンのように頻繁に使われている場所には、それほど効果がないようです。

市販のグッズを活用

しっかりぬめり予防したいなら、市販されている排水口のぬめりとりグッズや漂白剤を使う方が効果は高いでしょう。漂白剤は液体ではなく、発泡タイプの方が使いやすく、効果も高いです。

お風呂には漂白剤でカビ退治

洗面台や浴室など、カビが生えてしまったときは、カビ取り用の漂白剤を使うことをおすすめします。

雑菌やカビが繁殖しないポイントを実践しよう!

排水口のぬめりは、雑菌まみれで起こると聞くと、掃除するのが憂鬱になるひともいそうです。

ですが、日常生活を営むうえで、どうしても汚れてしまう部分ですから、できるだけ汚れをためずにこまめに掃除をすること、ぬめりが起こらないように予防方法を実践することが、雑菌やカビを繁殖させない大切なポイントとなります。

現在は、掃除グッズも便利なものがたくさん出ていますので、上手に活用して、排水口を雑菌まみれにしないよう、心がけてみてくださいね。

        
        

  関連記事

格安スマホ、格安SIMとは?メリットやデメリットについて

安いだけで選ぶのはNG!注意しておきたいポイントもチェック! テレビなどでも格安 …

美容医療クリニックのウェブ広告にありがちなアノ表現が規制!?

厚労省、美容医療の誇大広告を規制へ! 美容クリニックの公式サイトを見る機会があれ …

美容にも、お掃除にも使える!クエン酸の活用法について紹介!

つるつるの肌作りに役立つクエン酸の魅力を紹介。他にも様々な用途があります。 薬局 …

今年こそ、緑のカーテンをはじめてみませんか?

緑のカーテンには、美容効果がある!?メリットや育て方を紹介します! 緑のカーテン …

一つは持っておきたい魔法の調理器具スキレットの魅力とは?

料理なんてどんな道具を使っても同じ、と思っているなら是非とも使ってみてほしいのが …

まるで魔法!様々な活用法がある重曹!その使い道とは?

重曹は掃除や洗濯などに役立てることができる万能道具です。具体的な使い方をご紹介し …

自宅介護?それとも介護施設?直面する前に知っておきたい「親の介護」

目次1 介護について知っているようで知らないことを再確認2 要介護度の区分3 実 …

お歳暮でできる女をアピール!お歳暮の正しい知識やマナーとは?

お歳暮はいつどんなものを贈るの?礼儀やマナーを守って良い女アピールをしよう! 今 …

【場面別】贈り物のマナーに反するNGギフト!

大人なら知っておきたい“贈るべきではないNGアイテム”を、場面ごとにわかりやすく …

2016年12月1日から洗濯表示が変更!変わった理由や注意点、知っておきたいマークは?

新しくなった洗濯表示マークについて紹介! 服によって洗濯する際の注意点というのは …