今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

便利な電気ケトルの洗浄はどうしてる?製品を長持ちさせるコツは?

電気ケトルは水を入れてスイッチを入れるだけで、あっという間にお湯が沸きます。またポットのように保温のための電気代もかからず、適量がすぐに用意できるので利用する家庭が増えています。

ですが毎日のように使っていると、当然汚れてきますよね。長持ちさせるためにも、きちんとお手入れをしなければなりません。

そこで今回は、電気ケトルとは何か、どんな汚れがつくのか、電気ケトルを洗浄する方法、長持ちさせるコツなどについて、お話ししたいと思います。

電気ケトルって何?どんな汚れがつくの?

電気ケトルは簡単にいうと電気式のやかんです。使う分のお湯だけを素早く沸かすことを目的につくられているので、基本はハンディタイプです。

その容量も0.15~1.2リットルという、小型のものが主流です。そして沸かしたお湯はすぐに使い切るのは基本なので、長時間保温することは想定されていません。保温機能がないことが、電気ポットとの大きな違いといえるでしょう。

それほど長い時間、電気ケトルの中に水やお湯を入れているわけではないのに、どうして汚れるのか疑問に思うひともいるかもしれませんね。

ですが電気ケトルも使用しているうちに、内側の底に汚れがみられるようになります。その原因は、水分に含まれているカルシウムと塩素です。それらが固まることで汚れになります。

電気ケトルが汚れてしまうと熱伝導効率が悪くなるので、水を沸騰させるまでに時間がかかるようになります。それは電力と時間の無駄遣いですよね。

また汚れた電気ケトルで沸かしたお湯を使うのも、決して気持ちのよいものではありません。そのため、定期的に洗浄することをおすすめします。

電気ケトルを洗浄する方法は?

では電気ケトルを簡単に洗浄する方法をまとめておきましょう。用意するのは、水とクエン酸だけです。クエン酸は、100円ショップで販売されているもので十分です。

クエン酸は2~3リットルに対し、50グラムというのが使用の目安となっていますので、自分が使用している電気ケトルの容量に合わせて必要量を計算してください。

まず電気ケトルがいっぱいになるまで水を入れ、お湯を沸かします。次にポットの容量に適したクエン酸を加え、そのまま一時間放置します。

それだけでも十分にキレイになるのですが、クエン酸を投入して30分を過ぎた時点で再沸騰させると、よりカルシウムの成分をはがしてくれるので、おすすめです。

クエン酸での洗浄が終わったらお湯を捨て、十分にすすいでから、もう一度電気ケトルを満水にして沸騰させます。そして、そのお湯を捨て、再びすすげば、電気ケトルの洗浄は完了です。

このほかにも電気ケトルを洗浄するための専用洗剤が販売されていますので、それを使って洗うという方法があります。その場合、使用する頻度は月に1回が望ましいとされています。

日本国内でも地域によって水質が異なり、使用環境や頻度によって汚れ方も変わります。そのため一度洗浄した後、汚れが気になるようになるまでにどれくらいの時間がかかるのか、メモしておくとよいかもしれません。

電気ケトルを長持ちさせるコツは?

では購入した電気ケトルを長持ちさせるためには、普段からどんなことに気をつけたらよいのでしょうか。

その基本は電気ケトルを汚れにくくすることです。そのため電気ケトルのお湯はその都度使い切り、使い終わったら、残った中身を必ず捨てましょう。そして蓋を全開にして、内側を乾燥させます。

電気ケトルにもいろいろな種類があり、蓋の開くのが狭いタイプもあるのですが、長期間の使用を想定しているならおすすめはできません。大きく蓋が開き、しっかり乾燥できるタイプを選ぶようにしましょう。

また新品の電気ケトルやしばらく使っていないものを利用したとき、お湯にプラスチック臭を感じることがあります。そんなときには、一度クエン酸洗浄をして、臭いをとった方が使いやすいはずです。

電気ケトルは毎回お湯を沸騰することで熱湯消毒はされているものですが、水垢がつきやすいことを考えると、定期的な洗浄は不可欠です。汚れがひどくなる前に、早め早めに洗浄することを意識してください。

こまめに洗浄して電気ケトルを大事に使おう!

一人暮らしで一度に大量のお湯を使う必要がない場合は、電気ケトルだけで十分間に合うはずですが、寒い冬や家族で暮らしているひとは、その時期は電気ポットを使うこともあるかもしれません。

ですが電気代の節約という観点でみると、電気ポットを使うより、電気ケトルで沸かしたお湯をステンレスポットで保存する方がお得で便利なのです。

そう考えると電気ケトルは一年中活用できますので、こまめに洗浄して、長持ちさせるのが一番ですよね。2週間から1カ月に一度、電気ケトルを洗浄する習慣をつけて大事に使い続けてみてはいかがでしょうか。

        
        

  関連記事

早割あり!【挨拶状ドットコム】で楽チンかしこい年賀状準備

いつも年賀状に悩んでいる方必見!ハイセンスな年賀状が簡単に作成できる「挨拶状ドッ …

話題の「マイナンバー制度」とは?一体どんなものなの?

「マイナンバー制度」は何が便利なの?問題視されている危険性とは? ここ最近、テレ …

いまさら聞けない「キラキラネーム」ってどういう意味?

キラキラネームには問題がたくさん!? 最近よく聞く「キラキラネーム」という言葉。 …

2016年12月1日から洗濯表示が変更!変わった理由や注意点、知っておきたいマークは?

新しくなった洗濯表示マークについて紹介! 服によって洗濯する際の注意点というのは …

災害時レイプの実態。被災者だけでなくボランティアに行く際も注意!

災害が起きた際にはレイプ被害に遭ってしまう女性が増えます。被害に遭わないための対 …

CMでよく見る775(ナナゴーゴー)って?次世代トークアプリで芸能人のトークをのぞき見!

芸能人と話ができちゃう!?775(ナナゴーゴー)とは? LINEの次にヒットする …

ルームフレグランスを上手に使ってワンランク上のリラックス空間を演出

タイプや香りを上手に使い分けてルームステイタスをアップ! ルームフレグランスとは …

思っているよりお金がかかる!?お葬式徹底解剖!

お葬式費用の内訳は?何にいくらかかっているの? 誰でもいつかは必要となる「お葬式 …

高品質フォトブックが作れる「マイブック」で大切な写真を1冊の本に

子供の成長記録、ウェディング、旅行、ペットの思い出…高品質な写真集を手軽に作成 …

U-NEXT ビデオ見放題+音楽chセットなら動画も雑誌も音楽も見放題!

U-NEXTは家族4人で利用OK!月額2,480円で動画も音楽も家族みんなで楽し …