今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

便利な電気ケトルの洗浄はどうしてる?製品を長持ちさせるコツは?

電気ケトルは水を入れてスイッチを入れるだけで、あっという間にお湯が沸きます。またポットのように保温のための電気代もかからず、適量がすぐに用意できるので利用する家庭が増えています。

ですが毎日のように使っていると、当然汚れてきますよね。長持ちさせるためにも、きちんとお手入れをしなければなりません。

そこで今回は、電気ケトルとは何か、どんな汚れがつくのか、電気ケトルを洗浄する方法、長持ちさせるコツなどについて、お話ししたいと思います。

電気ケトルって何?どんな汚れがつくの?

電気ケトルは簡単にいうと電気式のやかんです。使う分のお湯だけを素早く沸かすことを目的につくられているので、基本はハンディタイプです。

その容量も0.15~1.2リットルという、小型のものが主流です。そして沸かしたお湯はすぐに使い切るのは基本なので、長時間保温することは想定されていません。保温機能がないことが、電気ポットとの大きな違いといえるでしょう。

それほど長い時間、電気ケトルの中に水やお湯を入れているわけではないのに、どうして汚れるのか疑問に思うひともいるかもしれませんね。

ですが電気ケトルも使用しているうちに、内側の底に汚れがみられるようになります。その原因は、水分に含まれているカルシウムと塩素です。それらが固まることで汚れになります。

電気ケトルが汚れてしまうと熱伝導効率が悪くなるので、水を沸騰させるまでに時間がかかるようになります。それは電力と時間の無駄遣いですよね。

また汚れた電気ケトルで沸かしたお湯を使うのも、決して気持ちのよいものではありません。そのため、定期的に洗浄することをおすすめします。

電気ケトルを洗浄する方法は?

では電気ケトルを簡単に洗浄する方法をまとめておきましょう。用意するのは、水とクエン酸だけです。クエン酸は、100円ショップで販売されているもので十分です。

クエン酸は2~3リットルに対し、50グラムというのが使用の目安となっていますので、自分が使用している電気ケトルの容量に合わせて必要量を計算してください。

まず電気ケトルがいっぱいになるまで水を入れ、お湯を沸かします。次にポットの容量に適したクエン酸を加え、そのまま一時間放置します。

それだけでも十分にキレイになるのですが、クエン酸を投入して30分を過ぎた時点で再沸騰させると、よりカルシウムの成分をはがしてくれるので、おすすめです。

クエン酸での洗浄が終わったらお湯を捨て、十分にすすいでから、もう一度電気ケトルを満水にして沸騰させます。そして、そのお湯を捨て、再びすすげば、電気ケトルの洗浄は完了です。

このほかにも電気ケトルを洗浄するための専用洗剤が販売されていますので、それを使って洗うという方法があります。その場合、使用する頻度は月に1回が望ましいとされています。

日本国内でも地域によって水質が異なり、使用環境や頻度によって汚れ方も変わります。そのため一度洗浄した後、汚れが気になるようになるまでにどれくらいの時間がかかるのか、メモしておくとよいかもしれません。

電気ケトルを長持ちさせるコツは?

では購入した電気ケトルを長持ちさせるためには、普段からどんなことに気をつけたらよいのでしょうか。

その基本は電気ケトルを汚れにくくすることです。そのため電気ケトルのお湯はその都度使い切り、使い終わったら、残った中身を必ず捨てましょう。そして蓋を全開にして、内側を乾燥させます。

電気ケトルにもいろいろな種類があり、蓋の開くのが狭いタイプもあるのですが、長期間の使用を想定しているならおすすめはできません。大きく蓋が開き、しっかり乾燥できるタイプを選ぶようにしましょう。

また新品の電気ケトルやしばらく使っていないものを利用したとき、お湯にプラスチック臭を感じることがあります。そんなときには、一度クエン酸洗浄をして、臭いをとった方が使いやすいはずです。

電気ケトルは毎回お湯を沸騰することで熱湯消毒はされているものですが、水垢がつきやすいことを考えると、定期的な洗浄は不可欠です。汚れがひどくなる前に、早め早めに洗浄することを意識してください。

こまめに洗浄して電気ケトルを大事に使おう!

一人暮らしで一度に大量のお湯を使う必要がない場合は、電気ケトルだけで十分間に合うはずですが、寒い冬や家族で暮らしているひとは、その時期は電気ポットを使うこともあるかもしれません。

ですが電気代の節約という観点でみると、電気ポットを使うより、電気ケトルで沸かしたお湯をステンレスポットで保存する方がお得で便利なのです。

そう考えると電気ケトルは一年中活用できますので、こまめに洗浄して、長持ちさせるのが一番ですよね。2週間から1カ月に一度、電気ケトルを洗浄する習慣をつけて大事に使い続けてみてはいかがでしょうか。

        
        

  関連記事

今年こそ、緑のカーテンをはじめてみませんか?

緑のカーテンには、美容効果がある!?メリットや育て方を紹介します! 緑のカーテン …

家事代行サービスで業界最安値水準「casy(カジー)」の特徴や評判は?

家事代行サービス「casy(カジー)」の利用料金や利用するメリットを紹介 出典: …

ロボットがタレント!?マツコ・デラックスそっくり「マツコロイド」とは?

大ブームになるかも?マツコロイドの活躍から目が離せない 2014年、年末特番でマ …

気になるお部屋のニオイを何とかしたい!ニオイをすばやく消臭するコツは?

生活している分には、自分が暮らしているお部屋のニオイを意識することは少ないかもし …

お花、食器のセットに食べられるものまで!電報が大進化。大人の女性として覚えておきたい祝電のマナーと注目の最新祝電

仕事の都合で地元の友人の結婚式に参加できない…。出産祝い、生まれたばかりだからお …

【場面別】贈り物のマナーに反するNGギフト!

大人なら知っておきたい“贈るべきではないNGアイテム”を、場面ごとにわかりやすく …

災害ボランティアの注意点は?善意のつもりが迷惑になってしまうことも…

本当に被災地で活躍できるボランティアになるためにはなにに注意すれば良い? 災害が …

グルメさんの間で話題の“エイジングビーフ”とは?

エイジングビーフって何?なぜお肉が美味しくなるの? 出典:肉匠 さの萬 「保存し …

会社を辞めたらもらえる2つのお金について【退職金と失業保険】

退職金と失業保険は全く別物!正しく理解して、かしこい退職を叶えよう! 目次1 退 …

快適な夏を過ごすための汗対策

汗への対策をしっかり行って快適で楽しい夏を過ごしていきましょう。まずは汗全般に対 …