今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

こんな簡単で良いの?夏の汗を少しでも和らげるための3つの方法

18c6aa5a24cb0e6f9126f07c8d60900d_s
夏は当然汗をかきやすい時期ですから、あまりに大量の汗をかいて人前に出るのは避けたいですよね。汗が出るのはしょうがないですが、多汗症並みに汗が出てしまう人はそれを通常の量くらいには抑えたいはずです。生理現象なのでなかなか自分で汗の量を調節することはできませんが、いくつかの方法を使うと、汗の量をコントロールすることができるかもしれないのです。そのための簡単な方法をいくつか紹介したいと思います。

関節を冷やすと汗は止まりやすい

一般的に人間の関節部分を冷やすと汗は出づらくなると言われています。例えばどこか?というと、首の後ろ、脇の部分、足の付け根、膝の裏側です。

このあたりは熱中症になった患者さんに対する応急処置をするときにも同様に冷やす場所になります。こういった場所が何故汗を止めやすいのか?それは身体の体温上昇を防いでくれるからです。熱中症対策としても有効なので、汗が多少は出づらくなるでしょう。冷却スプレーなどを持参して、気になったときに上記の場所に吹きかけてみると良いのではないでしょうか?

塩化アルミニウム入りのデオドラント剤を利用する

塩化アルミニウムって、普通の方はあまり知らないと思いますが、これが汗対策に有効なんです。それはワキガの方も使うほどに効果があるのです。この塩化アルミニウムはどういう役割を果たすのか?というと、この塩化アルミニウムは、汗が出るときの毛穴を塞ぐ効果があります、つまり、出るはずの汗が出ないので、汗が出づらくなる。

そういう分かりやすい理由です。汗の出口を塞いでいるわけですから、そりゃ汗もかきかません。ただ、汗は人間の生理現象で、それが出るのを塞いでしまうことは、それに逆行することですから、あまり頻繁には利用しない方が良いです。

水分摂取を控えても汗の量は減らない

飲み物を多く飲むと、それだけ汗が多く出るんじゃ?と思っている方もいるかもしれませんが、それは誤解です。基本的に汗の量は水分摂取量とはあまり関係ありません。水分を多く摂って増えるのは実は尿の方なんです。汗には影響が無いので、夏は水分を控えるとかは基本的にできません。夏に水分を少なめに摂るなどすると、別の問題が起きかねませんから。

水分を摂るときにはスポーツドリンク系の飲み物が良いとされています。それは血液中の塩分の濃度が上がって、汗の量が減るという仕組みがあるからです。したがって、意識して飲むならばスポーツドリンクの方が良いでしょう。

夏に汗をかかないのは不自然ですし、それこそ身体にはよくないですが、人目を気にしてしまうほどの汗はやはり問題だと思いますから、汗を止めることを意識するのではなく、正常だと思われる量に調節できるように簡単にできる方法を試して、夏の間の汗対策をしていきましょう。お金をかけなくてもできることばかりですから、ちょっとした工夫でOKなので、夏の間に気持ちの良い汗をかいていきましょう。

        
        

  関連記事

自宅介護?それとも介護施設?直面する前に知っておきたい「親の介護」

目次1 介護について知っているようで知らないことを再確認2 要介護度の区分3 実 …

格安スマホ、格安SIMとは?メリットやデメリットについて

安いだけで選ぶのはNG!注意しておきたいポイントもチェック! テレビなどでも格安 …

今更ながらテラスハウスが面白い!

深夜枠ながら驚異的な視聴率を記録したほど大人気になったテラスハウス。そこまで人気 …

快適な夏を過ごすための汗対策

汗への対策をしっかり行って快適で楽しい夏を過ごしていきましょう。まずは汗全般に対 …

自宅で簡単に楽しめるアロマテラピーの方法とは? 

手作りでも楽しめる方法で気軽にリラクゼーションを アロマテラピーは、女性にとって …

イマサラ聞けない!電力自由化って何?電気代が安くなるの?

電力自由化の基本的な知識をおさらいして、かしこく節約! 2016年に入ってから、 …

虫除けにシャンプーに!いろいろな使い道があるハッカ油についてご紹介!

とにかく様々な用途で使えると話題のハッカ油です 様々な活用方法があるということで …

健やか美人になりたいなら必見!エリカ・アンギャルさんについて

食を通じた美のエキスパートの背景とは? 出典:keton.info 女性誌を開く …

今年こそ、緑のカーテンをはじめてみませんか?

緑のカーテンには、美容効果がある!?メリットや育て方を紹介します! 緑のカーテン …

いまさら聞けない!国民健康保険と社会保険の違いって?

学校では教えてもらえなかった、お金の事…。分かりやすく説明します! 「国民健康保 …