今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

こんな簡単で良いの?夏の汗を少しでも和らげるための3つの方法

18c6aa5a24cb0e6f9126f07c8d60900d_s
夏は当然汗をかきやすい時期ですから、あまりに大量の汗をかいて人前に出るのは避けたいですよね。汗が出るのはしょうがないですが、多汗症並みに汗が出てしまう人はそれを通常の量くらいには抑えたいはずです。生理現象なのでなかなか自分で汗の量を調節することはできませんが、いくつかの方法を使うと、汗の量をコントロールすることができるかもしれないのです。そのための簡単な方法をいくつか紹介したいと思います。

関節を冷やすと汗は止まりやすい

一般的に人間の関節部分を冷やすと汗は出づらくなると言われています。例えばどこか?というと、首の後ろ、脇の部分、足の付け根、膝の裏側です。

このあたりは熱中症になった患者さんに対する応急処置をするときにも同様に冷やす場所になります。こういった場所が何故汗を止めやすいのか?それは身体の体温上昇を防いでくれるからです。熱中症対策としても有効なので、汗が多少は出づらくなるでしょう。冷却スプレーなどを持参して、気になったときに上記の場所に吹きかけてみると良いのではないでしょうか?

塩化アルミニウム入りのデオドラント剤を利用する

塩化アルミニウムって、普通の方はあまり知らないと思いますが、これが汗対策に有効なんです。それはワキガの方も使うほどに効果があるのです。この塩化アルミニウムはどういう役割を果たすのか?というと、この塩化アルミニウムは、汗が出るときの毛穴を塞ぐ効果があります、つまり、出るはずの汗が出ないので、汗が出づらくなる。

そういう分かりやすい理由です。汗の出口を塞いでいるわけですから、そりゃ汗もかきかません。ただ、汗は人間の生理現象で、それが出るのを塞いでしまうことは、それに逆行することですから、あまり頻繁には利用しない方が良いです。

水分摂取を控えても汗の量は減らない

飲み物を多く飲むと、それだけ汗が多く出るんじゃ?と思っている方もいるかもしれませんが、それは誤解です。基本的に汗の量は水分摂取量とはあまり関係ありません。水分を多く摂って増えるのは実は尿の方なんです。汗には影響が無いので、夏は水分を控えるとかは基本的にできません。夏に水分を少なめに摂るなどすると、別の問題が起きかねませんから。

水分を摂るときにはスポーツドリンク系の飲み物が良いとされています。それは血液中の塩分の濃度が上がって、汗の量が減るという仕組みがあるからです。したがって、意識して飲むならばスポーツドリンクの方が良いでしょう。

夏に汗をかかないのは不自然ですし、それこそ身体にはよくないですが、人目を気にしてしまうほどの汗はやはり問題だと思いますから、汗を止めることを意識するのではなく、正常だと思われる量に調節できるように簡単にできる方法を試して、夏の間の汗対策をしていきましょう。お金をかけなくてもできることばかりですから、ちょっとした工夫でOKなので、夏の間に気持ちの良い汗をかいていきましょう。

        
        

  関連記事

忙しい主婦の味方!家事代行サービスとは?

家事代行サービスはどんな人が利用するの?頼める家事の内容や料金の相場など 誰でも …

話題の100円ショップ「セリア」人気の秘密とは?

セリアに行ったらコレを見て!オススメ人気商品を紹介 100円ショップと言えば、安 …

高品質フォトブックが作れる「マイブック」で大切な写真を1冊の本に

子供の成長記録、ウェディング、旅行、ペットの思い出…高品質な写真集を手軽に作成 …

防災のために備えておきたいもの、注意しておきたいこととは?

日ごろからしっかり備えをして防災!災害時に備えよう 災害というのは、いつどのよう …

何だか部屋が臭いと感じる原因と効果的な消臭方法について

外出先から戻ると何だか部屋が臭いと感じることはありませんか?自分で感じる部屋の臭 …

いまさら聞けないふるさと納税!実質2,000円でお得なお礼品をGET!

なにかと話題になるふるさと納税とは?名産品をお得に試すチャンス! 何年か前にテレ …

おにぎりの新スタイル“おにぎらず”を作ろう!

おにぎらずって何?作り方や人気具材を紹介します! 出典 おにぎらずとは、レシピ投 …

【場面別】贈り物のマナーに反するNGギフト!

大人なら知っておきたい“贈るべきではないNGアイテム”を、場面ごとにわかりやすく …

ふとん専用掃除機「レイコップ」は何がすごいの?

目に見えないダニやゴミを吸い取るレイコップでアレルギー対策 ダイソン、ルンバと、 …

排水パイプに詰まった髪の毛を触らずに掃除できる?効果的な方法は?

浴室やシャンプー台付の洗面所の排水パイプに関する悩みといえば、やはり髪の毛がつま …