今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

【シングル女子必見!】月々の出費を抑えるアイディアを紹介!

食費、水・光熱費、雑費を抑えるアイディアを活用し、かしこく貯金できる女を目指そう!
36b58cd13c999e92da03a0cd8ecb5945_s
日々の暮らしで、無理なく続けられる節約術を紹介します。

食費を節約するポイント

暮らしの中でも、最も節約にリンクしやすいのはズバリ“食費”!

インスタントや外食などなど…、シングル暮らしであれば、なおさら使い過ぎた食費が生活費を圧迫しがちです。当然ですが、食事は毎日の事。かしこく節約して、貯金できる残高を確保させたいものですね。

お買い物の予算はあらかじめ設定しておくべし!

お財布を片手に、買いたいものを買いたいだけカゴに入れてはいませんか?まずは、無計画なお買い物の姿勢を正しましょう。毎月の収入から計算して、1度に使える金額を明確に設定しておく事をオススメします。可能であれば、それ以上の金額をお財布に入れておかない!くらい徹底しておくと安心ですね。

また、お買い物前にはキッチンの様子をチェックしてください。補充が必要な調味料や食材を正しく把握し、買い忘れやダブりを防ぐ事も重要です。特売日や値引き商品は、お店ごとに個性がありますので、購入する商品ごとに割引に特化したお店選びができると、なお良いでしょう。

食材を無駄なく使い切るコツは?

無駄なく食材を食べ切る事も、節約の上では大変重要なポイントです。とはいえ、一人で暮らしていれば食材の買いすぎは避けては通れません。多くの場合、スーパーなどで販売されている野菜などはファミリー層向けにある程度の量や大きさで並んでいるはずです。食べきれなくて腐らせてしまった…とう経験は、おそらくほとんどの単身者が通ってきた道なのではないでしょうか?

食材を無駄なく使い切るためには、“冷凍庫”をかしこく活用する事をオススメします。とくに、上にも書いた野菜の保存には欠かせない手段だといっても過言ではありません。

傷みやすい葉物野菜(ほうれん草や小松菜)などは、一回分の量ごとにラップして冷蔵庫に入れておきます。あらかじめ加熱しておけば、食べる際の調理時間を短縮できるので、仕事帰りの夕飯には大変重宝します。熱が入ると量も減るので、冷凍庫の中でも嵩張りません。

また、半分に切ったピーマン(種を除いた状態)や、おくら・アスパラガス(そのまま)も冷凍OK。きのこも買った状態でそのまま冷凍保存が可能です。

あなどれない!水光熱費を抑えるハウツー

生活費の中でも大半を占める水道・光熱費。テレビで紹介される“節約主婦”ほど頑張れなくとも、毎日の工夫である程度抑える事は可能です。

冷暖房だけに頼らない方法を知ろう!

夏場の冷房や冬の暖房による生活費の圧迫に悩む方は多いはず。とっても便利なエアコンですが、電気代節約のためにも冷暖房だけに頼らない方法を知る努力も必要です。

冷房代節約のコツ〜夏〜

  • グリーンカーテンやすだれを使って、日差しをカット!
  • 冷却ジェルマットの活用で夜間の電気代を節約!

暖房代節約のコツ〜冬〜

  • 窓に貼る断熱プチプチで熱が外に逃げるのを食い止める!
  • 重ね着やルームソックスで寒さをしのぐ!
  • 床用断熱シートの活用で快適足元に!
残り湯の有効活用で、かしこく節水

お風呂の残り湯活用は、よく聞く古典的な節水方法。代表的な使い方には、洗濯に再利用する方法があります。このほかにも、お部屋の拭き掃除やベランダ・玄関の水洗い、お部屋の観葉植物への水やりなどなど…、ベタな節約方法だと侮れないほど多様な活用方法が!

エアコンや掃除機の掃除は、節電につながる!

エアコンに溜まったホコリや掃除機のゴミ、こまめに掃除できていますか?じつは、これらの掃除は、“綺麗になって気持ち良い!”という清々しさ以外のメリットを含んでいます。

エアコンや掃除機の中にホコリやゴミがたまると、効果ダウンに繋がり、ムダな電力を消費してしまいます。電気代節約のためにも、定期的に掃除をするように心がけてください

キッチンでのガス代節約には、残り汁と落し蓋がカギ

お料理の工程にも、節約のための工夫を加えてみましょう。煮物をする際にフタや落し蓋を利用すれば、時短とガス代の節約につながるというデータもあります。お野菜を下ゆでした茹で汁をスープに活用するのもオススメ。

生活雑費の節約について!

食費や水道・光熱費以外の節約には、以下のアイディアをオススメします。

100均を最大限に活かす!

100均とはいえ、昨今では実用的な商品が数多く並ぶようになっています。

オススメは収納グッズや雑貨類。チープになりすぎない、オシャレなアイテムも多く存在しますので、低価格な予算内でも十分にお部屋を可愛く変身させることが可能です。

さらに、ビニール袋やお掃除アイテムなど、意外に消耗品も多く取り揃えられておりますので、かしこく節約に生かしてください。

        
        

  関連記事

汗をかいても快適に過ごすための簡単な方法

制汗スプレーを使ったりタオルを持っていくことは、汗っかきな人の通常の対処法です。 …

自宅介護?それとも介護施設?直面する前に知っておきたい「親の介護」

目次1 介護について知っているようで知らないことを再確認2 要介護度の区分3 実 …

Instagramで美容情報を集める方法、知ってる?

オシャレさんの必須SNSで、美容のトレンド情報を集める方法です。 オシャレな人が …

話題の「マイナンバー制度」とは?一体どんなものなの?

「マイナンバー制度」は何が便利なの?問題視されている危険性とは? ここ最近、テレ …

家であまりがちなそれ入浴剤になります!身近なもので贅沢バスタイム

今すぐできて安心・経済的!日本酒、塩、ココナッツオイルを余さず有効利用 ドラッグ …

お歳暮でできる女をアピール!お歳暮の正しい知識やマナーとは?

お歳暮はいつどんなものを贈るの?礼儀やマナーを守って良い女アピールをしよう! 今 …

いまさら聞けない!国民健康保険と社会保険の違いって?

学校では教えてもらえなかった、お金の事…。分かりやすく説明します! 「国民健康保 …

コストコってどんなところ?なにが魅力?そんな疑問を解決します。

とにかく安いのが魅力のコストコ。年会費やおすすめ商品は? 出典:Costco J …

こんな簡単で良いの?夏の汗を少しでも和らげるための3つの方法

夏は当然汗をかきやすい時期ですから、あまりに大量の汗をかいて人前に出るのは避けた …

美容系YouTuberの先駆者!佐々木あさひさんってどんな人?

イマサラ聞けない!基本情報について 出典:www.youtube.com 佐々木 …