今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

基本のサプリで更年期対策!気分の落ち込み、イライラも緩和

40代から50代女性におすすめ!更年期をやわらげよう
ladayinforest
基本のサプリはキッコーマンが開発した女性向けのサプリメントです。何となくやる気が出ない、毎日気持ちが落ち込んでいる、体力が続かないということに悩んでいる方はぜひチェックしてみましょう。

キッコーマンといえばかなり有名な食品会社ですよね。基本のサプリにはどのような特徴や魅力があるのかについてご紹介しましょう。

>>今すぐ公式HPをチェック!

基本のサプリとは?

2016-11-14_163611
40代から50代の更年期に悩んでいる女性に試して欲しいサプリメントです。一日の目安量は2粒となっており、この中に大豆イソフラボンアグリコン、ぶどう種子ポリフェノール、ビタミンD3、葉酸といった成分がたっぷり含まれています。

大豆イソフラボンといえば、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするためにホルモンバランスの乱れが大きな原因で起きる更年期障害を改善するのに役立つ成分です。

その中でも基本のサプリにはアグリコン型という吸収されやすい独自素材を使っています。

それだけでなく、純度の高いポリフェノールや日常の食生活では不足しがちな魚類に多く含まれるビタミンD3を取り入れ、心身ともに健康的な体を作るのに役立つのです。

また、葉酸も女性の健康に欠かせない成分として知られています。食材からも摂取できますが加齢に伴い吸収しにくくなるため、サプリメントで効率よく取り入れましょう。

基本のサプリな口コミ

更年期の症状が出ていることはわかっていましたが、具体的な対策もわからず気持ちは落ち込む日々。その時に友人から勧められて試してみました。それまで落ち込んでいたのが嘘のように気持ちが軽くなり、毎日の生活も積極的に楽しむことができるようになりました。
飲み始めて2ヶ月ほど経った頃に急に気持ちが軽くなり、前向きになれました。不安を感じることも多かったのですが、そういった気持ちも落ち着いています。
何となく気持ちのもやもやを感じ、もしかしたら更年期障害かも?と疑って基本のサプリを試してみました。やはり更年期障害だったようで気持ちが不安定になることも少なくなり、笑顔も増えました。

基本のサプリの価格

2016-11-14_164143
通常価格は5,460円です。まずはお試ししてみたいという方はこちらからチェックしてみましょう。

定期コース

基本のサプリには定期コースも用意されており、こちらは初回が半額の2730円、2回目以降も10%オフの4,914円で購入できます。ただし、5回目までは継続しなければならないのでこの点は注意しておきましょう。

安全性の面でも安心

キッコーマンという大手の会社が作っているというのも魅力です。安心や安全性にはとことんこだわっており、厳しい品質管理基準をクリアしている商品となっています。

キャップはかわいい花の形になっていたり、細かいところまで女性に喜んでもらうためのことを考えられた商品です。

更年期障害は放置しておくと心のストレスにもつながり厄介なものなので早めに対策を取ってみてくださいね。

>>今すぐ公式HPをチェック!

        
        

  関連記事

脳を刺激して美人になる!ドキドキ・ワクワクでアンチエイジング

内面も外見もキレイになれる5つのポイント 皆さんは普段の生活の中でドキドキ・ワク …

自分へのご褒美!スイートルームでの美容合宿で心も体もキレイに

エステやスパなどは、いつもとは違う高級感のあるインテリアに囲まれながらトリートメ …

ストレスがたまるとオバさんに見える!?

老け顔の原因はストレスのためすぎ 不機嫌な顔、疲れたような表情、目の下にくっきり …

あなたも突然襲われるかもしれない、パニック障害とは?

うつ病とも関係が深いパニック障害、恐れずに対処することが重要 「パニック障害」と …

女の魅力はココ・シャネルから盗んでみよう

女性として生きる上で、壁にぶち当たったり自信をなくしたり。そんなときにはココ・シ …

仕事に自信を持ちたい人にはデール・カーネギーの名言を!

人を動かすことって本当に難しいもの。しかし実は自分の考え方次第で動いてくれるよう …

30歳を過ぎてからの新しい友達づくりのポイント

ライフスタイルがある程度定着してくる30代になると、「新しい出会いが少なくなった …

もう嫌!生理前のイライラはどうして起こるの?

生理前のイライラの原因と緩和・解消する方法とは? 生理前のイライラは仕方がないと …

心と身体のケアに。アロマテラピーがもたらす効果とは? 

精油の持つ香りが大脳に伝わり、体を調整 アロマは、我々の日常生活に馴染み深いもの …

5人に1人がうつ病の時代!知っておきたいうつ病になるパターンと対策

うつ病にならないために自分へのご褒美タイムを増やそう! WHOの推計では全人口の …