今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

人と違うことを恐れないで!周りに流されない自立した女性になるための3つの方法

周りに流されない大人の女性になる方法とは

3a5b7ed340dccb449d484c0a25ec3e80_s

若さを保つためには、体のアンチエイジング以上に「心のアンチエイジング」を意識することが大切です。心が元気だとモチベーションもアンテナ感度もUPして、生活もアクティブで充実しそう。

毎日を元気に過ごせれば、表情も活き活き、体も活性化して内側から若返りしそうですよね。逆にストレスフルな生活を送っていると、心から老けて行ってそれが顔や体にも出がち。

周りに流されない大人の女性になって人間関係のストレスを減らそう!

心のアンチエイジングのためには、心の元気を奪ってしまう悩みやストレスを解決しなくてはなりません。データでは多くのストレスは「人間関係」が主原因。とはいえ、仕事や近所付き合い、親戚付き合いなどなど人間関係でのストレスって、そう簡単には解消できないのも事実。

社会には相性のいい人もいれば悪い人もいますし、1人の人でも調子のいい時もあれば悪い時もあります。周りの人全てに合わせたり、顔色を伺ったりすることは不可能ですす。また、日々のつきあいの中での関わりを無視することも不可能ですよね。

できれば周りに流されない大人の女性をめざしたいものです。そのためにはどうしたらいいのか、ポイントをまとめてみました。

他人と比較しない

人間関係のストレスの中でもやっかいなのが「嫉妬」だといわれています。ついつい自分と他人とを比べてしまって、劣等感を感じて落ち込んだり、嫉妬したりしていませんか?自分よりキレイな人、もてる人、人気のある人、仕事が認められている人、学歴が上の人、裕福な人・・・比較しだしたらキリがありません。

当然ですが、自分の優位性をアピールするために、他者を拒絶したり、批判したりするのも比較と同じです。金子みすずさんの「わたしと小鳥と鈴と」のように「みんなちがって、みんないい」、あなただからこそのよさが必ずあります。

できればそのよい面、優位な面を伸ばしていく方向でイメージを広げてください。
他人のよさもきちんと認めたうえで、自分のよさを育てて行くことが大切。素敵な人に囲まれている、と思えば人生もまた素敵になりますね。

ON、OFFの切り替えをする

「アフター5や休日まで上司や同僚につきあわされる」、「ママ仲間の集まりが多すぎて自分の時間がとれない」・・・公的な人間関係がプライベートタイムまで浸食してしまうのはよくある話。たまになら楽しめる場合があっても、毎回となるとヘヴィですよね。まじめな人ほど追いつめられてしまいがち

ここはきっぱりと、ON、OFF切り替えを行って、OFFの時間を作ることが大切です。たとえば「夜はつきあわない」とか、「趣味の時間は最初から予定があるといって断る」ことが大切です。

OFFタイムを優先しても、ONタイムにしっかりつきあえばつきあいが悪いと思われることもありません。かえって「切り替え上手でタイムマネジメントができる大人の女性」として魅力アップできると思います。

ムキにならない

人の数だけ人生があり、考え方や価値観があります。自分と意見が合わない、という場合も多々あると思います。中にはこちらがスルーしようとしても、議論をふっかけてきたり、自論を押し付けてくる人もいるかもしれません(そういう人は、えてして、あなたになんらかの関心があるのだと思われますが)。

こういう時、相手のケンカを受けて立つというか、ムキになって対抗するのは相手の思うツボです。「そういう考え方もありますね」と受け流し、心の中で「違う」と思っていればいいのです

軽く聞き流すことが難しい場合は「少し考えさせてください」と時間をおくと、相手の熱もさましやすくなります。ムキになるのは子どもっぽくみえがち。クールな大人の女性を目指してください。

        
        

  関連記事

「モラハラ」って何?うちの夫もそうかもしれない・・・。

どういうことをされると「モラハラ」なの? 「モラハラ」とは「モラルハラスメント」 …

要チェック!真面目に頑張る30代を襲う「非定型うつ病」とは?

あなたは大丈夫?うつ病のリスクが高い性格や環境 いまや女性の5人に1人、男性の1 …

妊婦であるがゆえに受ける嫌がらせ。「マタハラ」とは?

働く妊婦を悩ませる「マタハラ」とは? マタハラとは、「マタニティーハラスメント」 …

海外セレブも注目の座禅で心をリフレッシュ

海外セレブもやっている、座禅でアンチエイジング 「心のアンチエイジングってどうし …

この症状は、更年期障害?更年期うつ?気になる症状をチェックしよう

更年期うつは婦人科でも治療できる!早めの対処で乗り切ろう 女性の更年期は一般的に …

宝塚「ブスの25か条」、あなたはどれだけあてはまる?

自分と向き合うことで成長し続ける、それが美人の鉄則 出典:宝塚歌劇倶楽部 201 …

女の魅力はココ・シャネルから盗んでみよう

女性として生きる上で、壁にぶち当たったり自信をなくしたり。そんなときにはココ・シ …

あなたも突然襲われるかもしれない、パニック障害とは?

うつ病とも関係が深いパニック障害、恐れずに対処することが重要 「パニック障害」と …

5人に1人がうつ病の時代!知っておきたいうつ病になるパターンと対策

うつ病にならないために自分へのご褒美タイムを増やそう! WHOの推計では全人口の …

五月病は社会人なら誰でもかかる?その症状は五月病かも!

五月病の症状と予防法・対処法とは? 今ではすっかりおなじみになった「五月病」とい …