今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

知らないのは私だけ?ネットで話題のセルフィーって何?

自撮りはマナーを守れば大人の女性にもおすすめ!
9a5cf89586e907feb89b14f3d263dbc9_s
「セルカ棒」「セルフィー」という単語を聞いたことがあるでしょうか?

よく見かけるけど何のことかわからないという方も多いと思います。今回はセルカ棒やセルフィーとは何か、どんな使い方ができるかをご紹介します。

セルカ棒・セルフィーとは?

英語で自分を撮ることをセルフィー、韓国語で自分を取ることをセルフカメラ(略してセルカ)からきた言葉です。

スマホなどのカメラに取り付ける道具を、自撮り棒、自撮りスティック、セルカ棒などと呼んでいます。

棒の先にスマートフォンを固定する部品が付いていて、手で持って写真を撮るよりも全身をキレイに撮れたり、背景を入れて撮影することもできます。また、誰かに写真撮影を頼まなくても、友達や彼氏と一緒に写真が撮れるので若い女性を中心に人気が出ています。

セルカ棒・セルフィーは大人の女性にもおすすめ?

セルカ棒の良いところは、他人に写真を撮ってもらった時と同じように撮影できることです。例えば、「今日のメイクはどうだろう?」「コーディネイトのバランスは大丈夫かな?」なんていう時にもセルカ棒を使って写真を撮って確認できます。

鏡を見ている時は、自然と自分の顔が一番よく見える角度や表情をしているため、写真にすることで客観的に自分を見ることができます。自撮りというと若い女の子のイメージがありますが、人の目を考えて身だしなみを整える大人の女性にとってもセルカ棒は重要なアイテムです。

セルカ棒・セルフィーは使う場所を考えて!

自宅など人目がないプライベートな空間で使うなら問題ないのですが、棒の長さがある分、普通に自撮りをするより場所を取ってしまうので場所を考えないと痛いオバサンに見えてしまいます。ただでさえ自撮りを嫌う人がいるので、時と場所を選んで使わないと思わぬ反感を買うかもしれません。

最近はカフェ、電車の中、人混みでもお構いなしにセルフィーをしている方もいますが、大人の女性はこういった行動はやめましょう。また、意外と知らない人が多いですが、ディズニーランドではセルカ棒を含め三脚なども使用禁止です。観光地でもセルカ棒を禁止している場所が増えているので、旅行先へ持っていくときは禁止されていないか確認して、マナーを守って自撮りを楽しみましょう!

        
        

  関連記事

いつまでも若々しくいたいなら嫌なことは手放して、好きなものを大切にしよう

明日も幸せ!と思えるような今日の過ごし方をしよう! 同窓会だけでなく女子会などで …

おさえておきたい、心と体の疲れをいやす入浴のポイント

入るタイミングやお湯の温度で入浴効果ががらりと変わる 毎日のお風呂タイム。日々の …

つらいPMS(月経前症候群)を簡単に解消するリラックス方法

PMS(月経前症候群)なんかに負けない方法を伝授します 女性は、月に一度、生理が …

身に覚えがあったら要注意!オバさんっぽい行動3選

無意識の行動が「オバさん」に見られている!? 「オバさん」と言われるのは女性なら …

イマドキの学校事情。「スクールハラスメント」とは?

先生を信じていたのに・・・!「スクールハラスメント」の実態。 スクハラとは、「ス …

あなたも突然襲われるかもしれない、パニック障害とは?

うつ病とも関係が深いパニック障害、恐れずに対処することが重要 「パニック障害」と …

脳を刺激して美人になる!ドキドキ・ワクワクでアンチエイジング

内面も外見もキレイになれる5つのポイント 皆さんは普段の生活の中でドキドキ・ワク …

もう嫌!生理前のイライラはどうして起こるの?

生理前のイライラの原因と緩和・解消する方法とは? 生理前のイライラは仕方がないと …

「モラハラ」って何?うちの夫もそうかもしれない・・・。

どういうことをされると「モラハラ」なの? 「モラハラ」とは「モラルハラスメント」 …

あなたは大丈夫?SNSで嫌われる投稿に注意!

うっかりやりがちなSNSの嫌われ発言8選 Twitter、Facebook、LI …