今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

知らないのは私だけ?ネットで話題のセルフィーって何?

自撮りはマナーを守れば大人の女性にもおすすめ!
9a5cf89586e907feb89b14f3d263dbc9_s
「セルカ棒」「セルフィー」という単語を聞いたことがあるでしょうか?

よく見かけるけど何のことかわからないという方も多いと思います。今回はセルカ棒やセルフィーとは何か、どんな使い方ができるかをご紹介します。

セルカ棒・セルフィーとは?

英語で自分を撮ることをセルフィー、韓国語で自分を取ることをセルフカメラ(略してセルカ)からきた言葉です。

スマホなどのカメラに取り付ける道具を、自撮り棒、自撮りスティック、セルカ棒などと呼んでいます。

棒の先にスマートフォンを固定する部品が付いていて、手で持って写真を撮るよりも全身をキレイに撮れたり、背景を入れて撮影することもできます。また、誰かに写真撮影を頼まなくても、友達や彼氏と一緒に写真が撮れるので若い女性を中心に人気が出ています。

セルカ棒・セルフィーは大人の女性にもおすすめ?

セルカ棒の良いところは、他人に写真を撮ってもらった時と同じように撮影できることです。例えば、「今日のメイクはどうだろう?」「コーディネイトのバランスは大丈夫かな?」なんていう時にもセルカ棒を使って写真を撮って確認できます。

鏡を見ている時は、自然と自分の顔が一番よく見える角度や表情をしているため、写真にすることで客観的に自分を見ることができます。自撮りというと若い女の子のイメージがありますが、人の目を考えて身だしなみを整える大人の女性にとってもセルカ棒は重要なアイテムです。

セルカ棒・セルフィーは使う場所を考えて!

自宅など人目がないプライベートな空間で使うなら問題ないのですが、棒の長さがある分、普通に自撮りをするより場所を取ってしまうので場所を考えないと痛いオバサンに見えてしまいます。ただでさえ自撮りを嫌う人がいるので、時と場所を選んで使わないと思わぬ反感を買うかもしれません。

最近はカフェ、電車の中、人混みでもお構いなしにセルフィーをしている方もいますが、大人の女性はこういった行動はやめましょう。また、意外と知らない人が多いですが、ディズニーランドではセルカ棒を含め三脚なども使用禁止です。観光地でもセルカ棒を禁止している場所が増えているので、旅行先へ持っていくときは禁止されていないか確認して、マナーを守って自撮りを楽しみましょう!

        
        

  関連記事

5人に1人がうつ病の時代!知っておきたいうつ病になるパターンと対策

うつ病にならないために自分へのご褒美タイムを増やそう! WHOの推計では全人口の …

自分へのご褒美!スイートルームでの美容合宿で心も体もキレイに

エステやスパなどは、いつもとは違う高級感のあるインテリアに囲まれながらトリートメ …

マウンティングって何?知らないうちにされているかも

女性に急増!相手を見下すマウンティングとは? 沢尻エリカさんが主演したドラマ「フ …

脳を刺激して美人になる!ドキドキ・ワクワクでアンチエイジング

内面も外見もキレイになれる5つのポイント 皆さんは普段の生活の中でドキドキ・ワク …

基本のサプリで更年期対策!気分の落ち込み、イライラも緩和

40代から50代女性におすすめ!更年期をやわらげよう 基本のサプリはキッコーマン …

この症状は、更年期障害?更年期うつ?気になる症状をチェックしよう

更年期うつは婦人科でも治療できる!早めの対処で乗り切ろう 女性の更年期は一般的に …

性格が顔に出るってどういうこと?その顔のクセ、もしかして老けて見えてるかも!

普段の何気ない表情が顔に及ぼす影響とは? よく『性格が顔に出る』って言いますよね …

30歳を過ぎてからの新しい友達づくりのポイント

ライフスタイルがある程度定着してくる30代になると、「新しい出会いが少なくなった …

つらいPMS・生理をスッキリ!カラダとココロにやさしいサプリ「ムーンラック」

女性に嬉しいハーブを含む8つの成分でつらい1週間をサポート PMSや生理痛、生理 …

不足してない?幸せホルモン【セロトニン】の増やし方!

セロトニン不足の原因はライフスタイルにある!原因と改善策を紹介します。 「セロト …