今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

妊婦であるがゆえに受ける嫌がらせ。「マタハラ」とは?

働く妊婦を悩ませる「マタハラ」とは?

5a01c5bfd5482e22a9b5905bc26a8186_s

マタハラとは、「マタニティーハラスメント」の略語です。主には職場などにおける、妊娠&出産に関連する、女性に対する嫌がらせのことを言います。社会的認知度は低いハラスメントですが、古くから日本に存在しています。

マタハラは、大きく分けて4つに分類されます。ここでは、その4種類のマタハラについて、ご紹介しましょう。

価値観押し付け型

主に、昭和に生まれ育った団塊の世代の方の価値観から派生するマタハラです。

「女性は、結婚して子どもができたら、家庭に入るべきだ」
「子どもの人格は3歳までに作られるんだから、そのあいだは母親がそばにいてやるべきだ」
「旦那の収入があるんだから、女性が働く必要はない」
「保育園に入れたら子どもがかわいそうじゃないか。毎日、泣いてるんじゃないの?」

こういった古い価値観が、昭和生まれの男性の多くには、いまだにこびりついています。

本人は良かれと思っての発言であり、悪意はないのですが、受けるほうは仕事を辞めさせられるのではないかという危機感を覚えます。

いじめ型

職場の同僚、先輩から受けるマタハラです。妊娠出産を経験していない女性から受けることが多いです。

「妊娠して休まれると、こっちの仕事量が増えて困るんだよね」
「妊婦さまかぁ、良い御身分ね」
「つわりがひどいとか言ってるけど、ズル休みしてるんじゃないの?」
「妊娠は病気じゃないんだから、ちゃんとこれまでどおり仕事してもらわないとね」
「子どもが病気だからって早退されたら、こっちに仕事が回される。ありえないんだけど。」

などと、嫌味を言われたりして、妊婦を精神的に追い詰めます。

女性同士であるが故、「結婚している」「妊娠している」ことに対する嫉妬が絡んでいることもあり、「いじめ」に近いとされています。こちらは、悪意あるハラスメントですね。

パワハラ型

これは、勤務先が持つ雰囲気が、妊婦を精神的に追い詰める場合を言います。女性を辞めさせたいわけではなく、これまでどおりの形態で働かせようとする動きです。

「時短勤務なんて認めない。これまでどおり、残業もこなして働いてほしい」
「妊婦だからといって、体調を考慮するなどの特別扱いはしない」
「子どもが病気だからって、休まれたり早退されたら困る」

こういった空気感そのものが、女性に対するマタハラとなります。

会社自体が一丸となって、妊娠している女性、および小さな子どもがいる女性に、これまでどおり勤務するようにと、強制的な雰囲気を作っているのです。

追い出し型

これは、典型的なマタハラです。妊娠出産した女性に対し、会社側がやめてほしいオーラを漂わせ、追い詰めていきます

「どうせ前みたいには勤務できないんでしょ。周りの人たちに迷惑だよ」
「産休とらせるほど、うちの会社には余裕がないんだよ」
「妊娠が分かった時点で、やめてもらうのがうちの会社の通例だから」
「育休が明けてから戻ってきても、君の居場所はないよ」

このように圧力をかけ、女性のほうから退職願いを出すように仕向けていきます。実際にこのマタハラで泣き寝入りをしている女性は、非常に多いのです。

以上、典型的なマタハラについて紹介しました。あなたの身の周りでも、こういった話の一つや二つは、聞かれたことがあるのではないでしょうか。

少子化対策が叫ばれるなか、妊婦や小さな子どもを持つ女性がこのような不当な扱いを職場で受けているということ。矛盾ですがこれが我が国の現状なのです。

        
        

  関連記事

これはモラルハラスメント?
これってモラハラ?家庭内でどんなことがモラハラになるのか?

家庭内で起こるモラハラにはどんなものがあるのか? 最近テレビなどでよく目や耳にす …

将来的に自己破産の危険もある買い物依存症、あなたは大丈夫?

ネットショッピングやネットオークション、ブランド大好きな人はイエローカード! 特 …

女の魅力はココ・シャネルから盗んでみよう

女性として生きる上で、壁にぶち当たったり自信をなくしたり。そんなときにはココ・シ …

見た目も中身も素敵な大人の女性の三カ条

外見のケアだけじゃダメ!心も素敵な女性になろう 「素敵な大人の女性」は外見の美し …

自分の意見を言うだけが大人じゃない!「子どもおばさん」になってない?

周りに気を使わせないスマートな大人女子を目指そう かっこいい、素敵と言ってもらえ …

オワハラとは?子どもや姪っ子、甥っ子が被害にあったらどうする?悪質な実態と対処法

主婦にも知ってもらいたいオワハラについて。あなたの子どもや親せきが被害に遭ってし …

会話美人になるコツは「ネガティブワードを使わないこと」!

男性に嫌がられる「た・ち・つ・て・と」とは? 相手を不快にさせない会話ができる女 …

【今まさに変革期】LGBTの人の生きづらさと社会の変化について

ありのまま生きやすい社会へ… 出典:jessicapayge.files.wor …

香水のつけ過ぎにご注意!「スメハラ」って何?

何をしたら「スメハラ」になるの? スメハラとは、すなわり「スメルハラスメント」の …

30歳を過ぎてからの新しい友達づくりのポイント

ライフスタイルがある程度定着してくる30代になると、「新しい出会いが少なくなった …