今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

イマドキの学校事情。「スクールハラスメント」とは?

先生を信じていたのに・・・!「スクールハラスメント」の実態。

daa91f680f758eed101bd31574268a45_s

スクハラとは、「スクールハラスメント」の略語です。スクールハラスメントとは、「学校で起こる嫌がらせ」の総称です。

嫌がらせと一口で言っても、実に様々です。教師から生徒に対する嫌がらせ、生徒から教師に対する嫌がらせ、生徒から生徒に対する嫌がらせ、教師から教師に対する嫌がらせなど、すべてがスクハラとなります。

学校で起こるセクハラのみをスクハラであると誤解している人もいます。もちろん、それもスクハラのうちのひとつですが、とにかく学校において「これは嫌がらせだ」と感じることは、すべてスクハラの範疇になるのです。

教師から生徒へのスクハラの実態

ニュースで報道されるスクハラの多くは、教師から生徒に対する「性的な嫌がらせ」です。実際、スクハラのなかで、教師から生徒へのセクハラが占める割合は、非常に多いと言っても過言ではありません。

ここでは、教師から生徒へのスクハラにスポットを当ててみます。

生徒に対するわいせつ行為が原因で懲戒免職になった中学校教師の数は、1999年には3人であったという資料があります。それが、2012年には、なんと119人に膨れ上がってしまったのです。10年ほどで、スクハラを犯してしまった中学校教師の数が、およそ40倍になってしまったという計算になります。

スクハラを犯してしまう教師の数自体が、10年で突然、増えたわけではありません。スクハラの実態がニュースなどで知られるようになり、学校や教育委員会が詳しく調査をするようになった結果、表に出てくる問題が多くなっただけなのです。昔からスクハラは、数多く存在していたと考えるのが自然です。

どうして、教師は生徒にスクハラしてしまうのか

学校において、生徒の教師に対する敬愛と信頼は、昔からあるものです。その生徒からの敬愛と信頼を、「教師としての自分」に対するものではなく、「一人の男(女)としての自分」に向けられているものなのではないか、と勘違いしてしまう教師が出てきてしまうのです。

スクハラに関するニュースを聞いていると、「教師が生徒につきまとった」「教師が生徒にわいせつ行為を働いた」「教師が生徒に恋人関係になることをせまった」などといったケースがよくあります。これらは、前述した「教師の勘違い」が引き起こしたハラスメントであることが多いのです。

人間の恋愛感情というものは、コントロールできるものではありません。気が付いたら好きになってしまう、それが恋というものです。教師と言えど、一人の人間です。恋に狂ってしまい、理性が効かなくなってしまうことも、十分あり得ることなのです。

人間としての本能が、教師から生徒へのスクハラの発生を抑えることを、非常に難しくしています。資質に優れ、生徒および保護者からの信頼も厚い教師が、スクハラの罠にはまることも珍しくないのです。

        
        

  関連記事

宝塚「ブスの25か条」、あなたはどれだけあてはまる?

自分と向き合うことで成長し続ける、それが美人の鉄則 出典:宝塚歌劇倶楽部 201 …

オワハラとは?子どもや姪っ子、甥っ子が被害にあったらどうする?悪質な実態と対処法

主婦にも知ってもらいたいオワハラについて。あなたの子どもや親せきが被害に遭ってし …

仕事の効率もアップ!1日5分ぼーっとする“呆活”を始めてみませんか?

呆活って何?ぼーっと過ごす事のメリットとは? ぼーっとする事で仕事効率のアップや …

おさえておきたい、心と体の疲れをいやす入浴のポイント

入るタイミングやお湯の温度で入浴効果ががらりと変わる 毎日のお風呂タイム。日々の …

見た目も中身も素敵な大人の女性の三カ条

外見のケアだけじゃダメ!心も素敵な女性になろう 「素敵な大人の女性」は外見の美し …

コンプレックスも吹き飛ばす!アドラーの言葉の数々

自信がなくなったり、悩みで気分があがらないときに一番おすすめなのはアドラーの力強 …

自分へのご褒美!スイートルームでの美容合宿で心も体もキレイに

エステやスパなどは、いつもとは違う高級感のあるインテリアに囲まれながらトリートメ …

仕事に自信を持ちたい人にはデール・カーネギーの名言を!

人を動かすことって本当に難しいもの。しかし実は自分の考え方次第で動いてくれるよう …

不足してない?幸せホルモン【セロトニン】の増やし方!

セロトニン不足の原因はライフスタイルにある!原因と改善策を紹介します。 「セロト …

知らないのは私だけ?ネットで話題のセルフィーって何?

自撮りはマナーを守れば大人の女性にもおすすめ! 「セルカ棒」「セルフィー」という …