今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

五月病は社会人なら誰でもかかる?その症状は五月病かも!

五月病の症状と予防法・対処法とは?

3023a6ddb17c871280831af3bcd33e1f_s

今ではすっかりおなじみになった「五月病」という言葉。実は五月病はうつ病や適応障害といった病気の前触れなのです。

五月病の具体的な症状と対処法を見ていきましょう。

五月病とは?

五月病は正式な病名ではなく、大学新入生が5月の大型連休後からだるさややる気の低下を訴えるのが増えたことから付けられた名前です。

4月は進学、就職、転勤など、ライフスタイルが変わるような大きな変化がある季節。新しい環境になじめなかったり、一生懸命がんばりすぎてしまった人の疲れが出始めてくるのがちょうど5月なのです。

気を張り詰めいるところに大型連休がきて、気を抜いた途端に今までの疲れが一気に出て、連休明けになってもがんばる力が出なくなってしまうのです。

五月病の症状

眠れない、やる気が出ない、食欲がない(増えることも)、何も楽しくなくなる、人と会いたくない、など

症状を見るとなんだかうつ病に似ていると思いませんか?そう、五月病はうつ病の一歩手前ともいえる症状なのです。

徐々に環境に慣れることで自然と五月病を克服できる方もいますが、症状を悪化させてうつ病や適応障害につながる危険性もある怖い病気です。

早めに心と体をケアして、悪化させないようにしましょう。

五月病になりやすい性格とは?

五月病になりやすい人は以下のような性格が多いです。

・真面目
・几帳面
・完璧主義
・誰にでも優しく親切
・悩みを相談できない
・ストレスをため込む

新しい環境に過度に期待をしたり、必要以上に不安を感じるのも危険です。

自分の思い通りにならなかった時のショックや、不安が現実になった瞬間が五月病のきっかけになってしまいます。

もし当てはまるものがあったら、予防と対策を行っていきましょう。

五月病の予防法・対策法

完璧主義をやめる

「○○すべき」という考え方はやめて、「まだ始めたばかりだから失敗して当然」と考えられるようにしましょう

また、周囲の人間に対して「○○すべき」と思うのも良くありません。思い通りに動いてくれないとストレスがたまってしまいます。

頭を切り替える練習をする

職場と自宅で頭の切り替えができているでしょうか?

家に帰ってのんびり休んでいる時は仕事のことはキレイさっぱり忘れて心と体を休めましょう

悩みや愚痴は打ち明ける

人の心は一度にたくさんのネガティブな感情を抱えられるほど頑丈ではありません。悩みがある時は誰かに相談して、不満があれば愚痴を聞いてもらってリフレッシュしましょう

誰にも話せない時はカウンセリングを利用するのも良いですよ。守秘義務があるのであなたが相談したことが人づてに広まる心配もありません。

社会人なら誰でも一度は五月病の経験があると思います。一人で抱え込まずに誰かに相談したり、ゆっくり休める時間を作って五月病を予防しましょう

        
        

  関連記事

自分の意見を言うだけが大人じゃない!「子どもおばさん」になってない?

周りに気を使わせないスマートな大人女子を目指そう かっこいい、素敵と言ってもらえ …

この症状は、更年期障害?更年期うつ?気になる症状をチェックしよう

更年期うつは婦人科でも治療できる!早めの対処で乗り切ろう 女性の更年期は一般的に …

「モラハラ」って何?うちの夫もそうかもしれない・・・。

どういうことをされると「モラハラ」なの? 「モラハラ」とは「モラルハラスメント」 …

もう嫌!生理前のイライラはどうして起こるの?

生理前のイライラの原因と緩和・解消する方法とは? 生理前のイライラは仕方がないと …

性格が顔に出るってどういうこと?その顔のクセ、もしかして老けて見えてるかも!

普段の何気ない表情が顔に及ぼす影響とは? よく『性格が顔に出る』って言いますよね …

女の魅力はココ・シャネルから盗んでみよう

女性として生きる上で、壁にぶち当たったり自信をなくしたり。そんなときにはココ・シ …

精神の高ぶりを何とかしたい!落ち着かせるための方法とは?

身体はとても疲れているのに、精神の高ぶりによってなかなか眠りにつけないと悩むこと …

宝塚「ブスの25か条」、あなたはどれだけあてはまる?

自分と向き合うことで成長し続ける、それが美人の鉄則 出典:宝塚歌劇倶楽部 201 …

30歳を過ぎてからの新しい友達づくりのポイント

ライフスタイルがある程度定着してくる30代になると、「新しい出会いが少なくなった …

あなたも突然襲われるかもしれない、パニック障害とは?

うつ病とも関係が深いパニック障害、恐れずに対処することが重要 「パニック障害」と …