今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

自律神経失調症の原因はストレス!頑張り屋さんは気を付けて

自律神経失調症は普段の生活で予防できる

96ecc7301342f6ffbf167d6daaf59fdb_s

なんとなく体調が良くない、気分が落ち込みがちなことはありませんか?もしかしたらその不調は自律神経失調症が原因かもしれません。

今回は自律神経失調症の詳しい症状や原因と、自分でできる予防法と対策法をご紹介します。

自律神経失調症とは?

自律神経には、集中力ややる気に関係する「交換神経」と、リラックスや睡眠に関係する「副交感神経」の2つでできています。

普段は意識しなくても自動的にスイッチが切り替わり、日中は活動して夜はぐっすり眠れます。しかし、強いストレスなどがかかると自律神経は正常に機能できなくなってしまいます。

自律神経は内臓の働きから精神的な部分まで体中の様々な部分に関わっていて、自律神経失調症になると心身ともにたくさんのトラブルが表れます

自律神経失調症の症状
  • 胃腸トラブル
  • 体温調節ができない(冷え、ほてり)
  • 生理不順、頭痛、耳鳴り
  • 体がだるい、重い
  • 手足のしびれ
  • イライラ
  • 急に涙が出る
  • 不安で仕方ない
  • 記憶力や集中力が低下するなど

自律神経失調症の原因

過度なストレス

心身に受けたストレスに最初に対応する器官が自律神経です。疲れたら眠くなる当たり前の反応も自律神経の働きです。

しかし、過度なストレスを受けると対応しきれず自律神経の働きが乱れてしまいます

生活リズムの乱れ

人は朝起きて夜眠るのが正しいサイクルです。これを無視した夜型の生活や、夜勤と日勤を繰り返す不規則なライフスタイルは自律神経の大きな負担になります。

女性ホルモンの減少

女性ホルモンと自律神経は共に脳の視床下部と言う部分から分泌されます。

女性ホルモンの分泌が減少すると視床下部が混乱し、自律神経の働きまでおかしくなります。更年期障害で様々な体調不良が起きたり気持ちが不安定になりがちなのはこのためです。

自律神経失調症の予防法・対策法

ストレスをためない

自律神経がおかしくなる一番の原因はストレスです。意識的にのんびりできる時間を作ったり、悩みの原因になっていることを忘れるほど打ち込める趣味を作るようにしましょう

生活リズムを正す

朝太陽を浴びると脳が「今は朝だ」と認識して交感神経のスイッチが入り、夜には自然と副交感神経のスイッチが入ってぐっすり眠れるようになります。

また、朝日を浴びるとやる気や集中力を高めたり、気持ちを安定させるセロトニンの分泌が促進されます

ストレッチ、軽い運動

自律神経がおかしくなっている時は、体が緊張状態でガチガチに固くなっていることが多いです。

ストレッチや軽い運動には血流を促進する他、脳を刺激して自律神経の働きを正常化させる効果があります

ちょっとしたことで自律神経失調症を予防したり改善することができます。最近疲れているなと感じたら、ご紹介した対策法を試してみてはどうでしょうか?

        
        

  関連記事

海外セレブも注目の座禅で心をリフレッシュ

海外セレブもやっている、座禅でアンチエイジング 「心のアンチエイジングってどうし …

もう嫌!生理前のイライラはどうして起こるの?

生理前のイライラの原因と緩和・解消する方法とは? 生理前のイライラは仕方がないと …

ご褒美温泉旅行に行こう!温泉がココロに効くのはなぜ?

温泉がココロを癒す理由と、よりココロに効く温泉の探し方について。 温泉で得られる …

30歳を過ぎてからの新しい友達づくりのポイント

ライフスタイルがある程度定着してくる30代になると、「新しい出会いが少なくなった …

五月病は社会人なら誰でもかかる?その症状は五月病かも!

五月病の症状と予防法・対処法とは? 今ではすっかりおなじみになった「五月病」とい …

余裕がある素敵な女性を目指すなら春に向けてやっておくべき事

暖かくなる春に向けてやっておくべき事をご紹介します。 春といえば、様々なお洒落を …

仕事のスランプを克服する方法。5つのポイントで抜け出す!

なにがきっかけでスランプに陥るかはわかりません。仕事が進まない時はどうすればいい …

マウンティングって何?知らないうちにされているかも

女性に急増!相手を見下すマウンティングとは? 沢尻エリカさんが主演したドラマ「フ …

いつまでも若々しくいたいなら嫌なことは手放して、好きなものを大切にしよう

明日も幸せ!と思えるような今日の過ごし方をしよう! 同窓会だけでなく女子会などで …

5人に1人がうつ病の時代!知っておきたいうつ病になるパターンと対策

うつ病にならないために自分へのご褒美タイムを増やそう! WHOの推計では全人口の …