今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

会話美人になるコツは「ネガティブワードを使わないこと」!

男性に嫌がられる「た・ち・つ・て・と」とは?
9e462b79c60823cc3beab9b9f455bffa_s
相手を不快にさせない会話ができる女性は、男性からも同性からも好かれる存在です。最近は言葉遣いの荒い女性が多いせいか、美しい言葉を使うというだけで男性からモテるのだとか!

今回は、男性が女性に使われたくないと思っている、「た・ち・つ・て・と」の頭文字から始まるネガティブワードを5つご紹介します。

大したことないよ~

会話をしていると「これってもしかして自慢話かな?」と感じる話題ってありますよね。けれど、もしそう思っても「そんなの大したことないよ!」と言ったりせず、素直に「すごいね」と感想を言うのも会話美人のコツです。

特に男性の場合、人から「すごい」と言われたいという欲求があったり、女性からモテたいために自慢できるエピソードを話していることも多いです。

誰だって気持ちよく会話したいし、自分にとって誇らしいことには「すごい!」と言ってほしいですもんね。相手がどんな受け答えを求めているかも想像してみましょう。

また、「そんなの大したことないよ、私なんてこの前…」といった風に人の話が終わらないうちに自分の話をし始めてしまう会話泥棒はさらに嫌がられる行為です。まずは相手の話をきちんと聞いてから自分の話を始めてくださいね!

違う

事実とは違うことを言っていたり、勘違いをしているのに気付いた時、どんな風に返事をしていますか?

ズバッと「違う」と指摘するのはかなり感じが悪い答え方です。

会話の内容な流れがどんな形だったとしても「それは違う」「あなたは間違っている」という意味の受け答えは、相手に「否定された」と思わせてしまいます。また、性格が悪いと思われたり、場合によっては相手をひどく傷つけてしまうことも…。

違うと言いたい時は、まず「そうなんだ」と言って相手の言っていることを受け止めて、それから「私はこういう風に感じたな」とやんわり返すのが正解です。これは男性だけでなく女性や子供との会話でも同じことが言えるので、誰と会話する時も「違う」という言葉は使わないように気を付けましょう。

つまらない

色々な話をしていると自分にとってはあまり興味がない話題が出てくることはよくあることです。けれど、どれだけ興味がないつまらない話題だったとしてもはっきりと「つまらないよ」と言うのは絶対にダメ!

「つまらない」と言われると否定されたように感じ、男性のプライドを傷つけてしまう言葉です。仮につまらない話題でもしばらくは「うん、うん」とにこやかに話を聞きましょう。言葉に出さないとしても、表情が暗くなったり、あからさまにつまらなそうな顔をしたり、相手の顔も見ないでスマホをいじるのもNGです。人の話が聞けない性格ブスだと思われてしまいます。

また、その話がつまらないと思うなら、自分から楽しい話題を提供するという姿勢も忘れずに!

適当にやっておいて

デートの行き先や何を食べるかなど、何かを決める場面で「あなたが適当に決めてよ~」と言うのもダメ。ネットや雑誌で紹介されているデートテクでは、男性に主導権を持たせることが一番とされていますが、それはあくまで男性がリードしてくれている場合のこと。

男性からあなたに意見や希望を聞いているのに「適当によろしく!」と言うのは「私は協力する気がありません」と言っているようなものです。「嫌な女だな」と思われるだけでなく「もうこいつのためには何もしてやりたくない」と思われてしまうことも…。

あなたに意見を聞いてくれるのはあなたの気持ちも大切にしてくれているということです。男性から意見を聞かれた時は「適当で」と言わずちゃんと答えましょう。

とんでもない

「綺麗だね」「えらいな」なんて言われた時、どんな反応をしているでしょうか?照れ隠しや謙遜のつもりで「とんでもない!」「そんなことないよ」と否定するのも会話ブスの特徴の一つ。そうやって謙遜すると場の雰囲気が悪くなりやすいのです。

褒められた時は素直に受け入れて「ありがとう」と言えるのが会話美人のコツ。仮に社交辞令だとしても「ありがとう」と受け取ることで場が丸く収まるので、変に恐縮して縮こまったりしないでくださいね。

相手の気持ちを考えることが会話美人のコツ!

いかがでしたでしょうか?今回ご紹介した言葉が口癖になっていたり、つい使ってしまう場合は要注意。「会話ブス」「性格が悪い」「あの人と話しても盛り上がらない」と思われている可能性があります。

男性と会話する時は、会話ブスになってしまう「た・ち・つ・て・と」を使わないように気を付けてみてくださいね!

        
        

  関連記事

五月病は社会人なら誰でもかかる?その症状は五月病かも!

五月病の症状と予防法・対処法とは? 今ではすっかりおなじみになった「五月病」とい …

驚くほど当たる!いまさら聞けない「ディグラム診断」とは?

自分の本性がわかるディグラム診断をやってみよう! 最近テレビやネットで話題の「デ …

あなたも突然襲われるかもしれない、パニック障害とは?

うつ病とも関係が深いパニック障害、恐れずに対処することが重要 「パニック障害」と …

精神の高ぶりを何とかしたい!落ち着かせるための方法とは?

身体はとても疲れているのに、精神の高ぶりによってなかなか眠りにつけないと悩むこと …

何もかもうまくいかないと感じたら…アインシュタインの名言で人生の壁を乗り越える

幾度となる立ちはだかる人生の壁。こんなときに心に響くアインシュタインの名言をご紹 …

妊婦であるがゆえに受ける嫌がらせ。「マタハラ」とは?

働く妊婦を悩ませる「マタハラ」とは? マタハラとは、「マタニティーハラスメント」 …

宝塚「ブスの25か条」、あなたはどれだけあてはまる?

自分と向き合うことで成長し続ける、それが美人の鉄則 出典:宝塚歌劇倶楽部 201 …

知らないのは私だけ?ネットで話題のセルフィーって何?

自撮りはマナーを守れば大人の女性にもおすすめ! 「セルカ棒」「セルフィー」という …

要チェック!真面目に頑張る30代を襲う「非定型うつ病」とは?

あなたは大丈夫?うつ病のリスクが高い性格や環境 いまや女性の5人に1人、男性の1 …

脳を刺激して美人になる!ドキドキ・ワクワクでアンチエイジング

内面も外見もキレイになれる5つのポイント 皆さんは普段の生活の中でドキドキ・ワク …