今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

脳を刺激して美人になる!ドキドキ・ワクワクでアンチエイジング

内面も外見もキレイになれる5つのポイント
49f5b04a49616dded6494498f5159b22_s
皆さんは普段の生活の中でドキドキ・ワクワクしたり、ときめく瞬間ってありますか?

日々を忙しく生きている現代女性は「気が付いたらときめきから遠のいていた…」ということも珍しくないですよね。

ドキドキしたりときめいたりすると脳が刺激されて活性化して女性ホルモンや自律神経などのパランスが整い、心と体を元気に若々しくしてくれます。素敵な大人の女性になるために、脳を刺激する生活習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか?

今日からでもできる、脳を刺激する方法を5つご紹介します。

寝る前に自分をほめる

気になることや悩みごとがあると、寝る前に色々と思い出して不安になって眠れなくなることはありませんか? 強い不安、恐怖、イライラは集中力を司る自律神経を刺激し眠りを浅くしたり、寝入りにくくなってしまいます。また、寝る前に悪いことを考えると悪夢を見たり、思考の深い部分に悪い考えが根付いてネガティブ思考になりがちです。

こういったことを避け、自分に自信を持つためにおすすめしたいのが「寝る前に自分をほめる」という習慣です。その日1日の中で「私ってえらい!」と思えることを見つけて「今日もがんばった!」と自分をほめてあげましょう。ほめる内容はなんだって良いのです。「仕事が辛いけどちゃんと出社した」「疲れていたけど今日も夕飯を作った」とかちょっとしたことでOK!自分をほめることで安心してゆっくり眠れ、ポジティブ思考になれます。

【あわせて読みたい】安眠サプリでぐっすり眠ろう!不眠に悩む方におすすめのサプリ比較

一人の時間を作る

人に気を使う性格の場合、どんなに気心の知れた友人や家族であっても一緒にいる時は気を使ってしまいます。人のことばかり優先していると自分の本当の気持ちを見失いがち

また、大勢でワイワイしたり、できるだけ一人でいたくないタイプの性格だと、自分とじっくり向き合う時間が少ない傾向があります。たまには一人でのんびり息抜きしたり、じっくり自分の気持と向き合う時間を作ることも大切です。本当にやりたいことや、今後の人生について気付くことがあるかもしれません。

いつもと違う道を通る

マンネリ化した日常は脳への刺激不足の状態です。とは言え、ガラリと日常を変えることはそうそうできません。そこでおすすめなのが、いつもと違う道を通ることです。

町並みやすれ違う人々が違うだけでも脳は刺激を受けて活性化します。また、普段うつむきがちに歩いている人は背筋をピンと伸ばして色々な景色をよく見てみましょう。「あんなところにカフェがある」「生垣の花がキレイ」なんていうちょっとしたことに気付くことが脳を活性化してくれます。

ちょっと凝った料理を作ってみる

普段お料理をされている方は、いつもよりちょっと凝った料理に挑戦してみましょう。料理を作る手順には脳を活性化してくれるポイントがたくさんあります。

まずは献立を決めること、そして材料の準備、煮たり焼いたりと頭と手を使うことがいっぱい!普段お料理をされていない方なら、目玉焼きやパンケーキのような簡単なお料理でも十分脳を活性化できます。また、料理だけでなく、手芸などの手を動かす趣味のある方はいつもよりちょっと難易度が高いことに挑戦しても同じ効果が得られます。

やりたいことを書き出す

「あのカフェに行こう」「あの人と会いたい」「あの服が欲しい」などなど、どんなに簡単なことやささいなことでも良いのでノートにやりたいことを書き出しましょう。ポイントは仕事や家のことなどの「やらなければいけないこと」ではなくあなたがあなたのために「やりたいこと」を書くことです。

ノートに書きだすことで、文字を書く手の動きと文字を見る視覚の2つの感覚から「やりたいこと」を強く脳にインプットできます。学生時代、ノートに漢字や単語の練習をすると覚えが良くなったのと同じ原理です。未来に対する希望や期待は脳にポジティブな刺激を与えて、気持ちを前向きにしてくれます。

明るく前向きな女性は内面も外見も美人!

誰でもできる脳を刺激する方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

脳を刺激すると物事をポジティブに捉えられるようになって新しいことに挑戦しやすくなり、気持ちが明るくなるとホルモンバランスも整ってお肌や髪がどんどんキレイになっていきます。脳を刺激して、内面も外見も美人な大人の女性を目指しましょう!

        
        

  関連記事

自分の意見を言うだけが大人じゃない!「子どもおばさん」になってない?

周りに気を使わせないスマートな大人女子を目指そう かっこいい、素敵と言ってもらえ …

要チェック!真面目に頑張る30代を襲う「非定型うつ病」とは?

あなたは大丈夫?うつ病のリスクが高い性格や環境 いまや女性の5人に1人、男性の1 …

30歳を過ぎてからの新しい友達づくりのポイント

ライフスタイルがある程度定着してくる30代になると、「新しい出会いが少なくなった …

上品レディを目指して魅力と色気をアップ

大人の女性に下品さはNG 上品なレディでいるために気をつけたいポイント 若い時は …

愛の大切さをマザーテレサの言葉から学ぼう!

人と人との付き合いには少なからずトラブルがありますが、行き詰まってしまったらぜひ …

会話美人になるコツは「ネガティブワードを使わないこと」!

男性に嫌がられる「た・ち・つ・て・と」とは? 相手を不快にさせない会話ができる女 …

5人に1人がうつ病の時代!知っておきたいうつ病になるパターンと対策

うつ病にならないために自分へのご褒美タイムを増やそう! WHOの推計では全人口の …

不足してない?幸せホルモン【セロトニン】の増やし方!

セロトニン不足の原因はライフスタイルにある!原因と改善策を紹介します。 「セロト …

自分へのご褒美!スイートルームでの美容合宿で心も体もキレイに

エステやスパなどは、いつもとは違う高級感のあるインテリアに囲まれながらトリートメ …

妊婦であるがゆえに受ける嫌がらせ。「マタハラ」とは?

働く妊婦を悩ませる「マタハラ」とは? マタハラとは、「マタニティーハラスメント」 …