今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

【今まさに変革期】LGBTの人の生きづらさと社会の変化について

ありのまま生きやすい社会へ…
jessnme

LGBT(エル・ジー・ビー・ティー)。いわゆる性的マイノリティーを意味しています。その語源は、Lesbian(レズ)、Gay(ゲイ)、Bisexual(バイセクシャル)、Transgender(トランスジェンダー)の頭文字にあたります。その数は、人口のおよそ5%ほどいるとされています。

最近では、個性豊かなオネエタレントが活躍することで、LGBTという言葉の社会への認知度もぐっと高まってきました。

ひと昔前に比べ、自分の性についてカミングアウトしやすい環境が作られつつありますが、まだ課題も多く残されています。

LGBTの人たちが抱える問題

社会的認知度が高まってきていても、それを受け入れる環境整備が追いついていないのが現状です。

◆学校でのいじめ
◆疎外感や差別
◆就職活動での壁
◆職場で感じる違和感
日本ではまだ、同性婚は法的に認められていません。婚姻届が受理されないと、家族とはみなされないことになります。

病気になって手術が必要になっても、家族として同意書へ署名ができません。健康保険・年金・税制優遇措置を受けられないなどの社会保障問題もあります。パートナーと共同で住宅を購入しようとする際、一緒に住宅ローンを組むことができず、どちらかにもしものことがあった場合でも相続人として認められません。

こうした問題が解消されずに、将来への不安やストレスを感じるカップルも多く、心理的ダメージも計り知れません。身近に感じるようになってきたLGBTですが、彼らが生きて行くうえで不便さを感じないような垣根をなくす法整備が急務と考えられます。

徐々に権利が認められるように

2015年、アメリカ最高裁が全州における同性婚を合法と認めました。日本でも、渋谷区が先駆けとなり、「同性パートナー条例」が制定されて結婚に相当する関係を示すパートナー証明書が発行されるようになりました。

また、日本では性転換手術後、家庭裁判所の申し立てが受理された後パスポートの性別表記が変更できます。じわじわと、性的マイノリティーへの権利が認められつつあります。

社会的認知度が高まってきたとはいえ、社会での生活を送る上で、さまざまな支障や壁を感じているLGBTもまだ多くいます。就職が困難なケースも見られます。そうした人々が、漠然とした老後への不安を抱える問題が残されていることも確かです。これから社会的にどのような動きがあるのか、引き続き関心を持つようにしたいですね。

        
        

  関連記事

これはモラルハラスメント?
これってモラハラ?家庭内でどんなことがモラハラになるのか?

家庭内で起こるモラハラにはどんなものがあるのか? 最近テレビなどでよく目や耳にす …

自律神経失調症の原因はストレス!頑張り屋さんは気を付けて

自律神経失調症は普段の生活で予防できる なんとなく体調が良くない、気分が落ち込み …

ストレスがたまるとオバさんに見える!?

老け顔の原因はストレスのためすぎ 不機嫌な顔、疲れたような表情、目の下にくっきり …

30歳を過ぎてからの新しい友達づくりのポイント

ライフスタイルがある程度定着してくる30代になると、「新しい出会いが少なくなった …

将来的に自己破産の危険もある買い物依存症、あなたは大丈夫?

ネットショッピングやネットオークション、ブランド大好きな人はイエローカード! 特 …

自分へのご褒美!スイートルームでの美容合宿で心も体もキレイに

エステやスパなどは、いつもとは違う高級感のあるインテリアに囲まれながらトリートメ …

仕事の効率もアップ!1日5分ぼーっとする“呆活”を始めてみませんか?

呆活って何?ぼーっと過ごす事のメリットとは? ぼーっとする事で仕事効率のアップや …

いつまでも若々しくいたいなら嫌なことは手放して、好きなものを大切にしよう

明日も幸せ!と思えるような今日の過ごし方をしよう! 同窓会だけでなく女子会などで …

要チェック!真面目に頑張る30代を襲う「非定型うつ病」とは?

あなたは大丈夫?うつ病のリスクが高い性格や環境 いまや女性の5人に1人、男性の1 …

「モラハラ」って何?うちの夫もそうかもしれない・・・。

どういうことをされると「モラハラ」なの? 「モラハラ」とは「モラルハラスメント」 …