今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

コンプレックスも吹き飛ばす!アドラーの言葉の数々

自信がなくなったり、悩みで気分があがらないときに一番おすすめなのはアドラーの力強い言葉です。
ad

仕事で失敗したり、友達を失ったり、恋人と別れたり。生きていく上で自分に自信をなくしてしまうこともよくあります。特に、他人からどう見られているのかを重視する私たち日本人には、人から嫌われてしまうというようなことが起こってしまうと自分の存在価値すら考え直してしまいます。

近年の話題作となった「嫌われる勇気」という本は、累計で58万部に達するほどのベストセラーになっています。

自分を取り戻したい、自分は自分でありたい、という気持ちを取り戻したい人には、この本のベースとなっているアルフレッド・アドラーの名言を声に出してみてください。

アルフレッド・アドラーはどんな人なのか

オーストリア出身の精神科医で、心理学者、そして社会理論家であったアドラー。かのフロイトやグスタフ・ユングなどと並びパーソナリティ理論、そして心理療法を確立した一人なんです。

特に個人心理学であるアドラー心理学は私たちの生き方に勇気を与えてくれますよ。

その根本となるのが、なんといってもアドラー自身の体験なのです。アドラーは、遊園地の近くの診療所で働く中で、身体的な弱点を努力することで補うことができるという理論を発展させたのです。

さらに、身体的に劣っている場合のみではなく自分で自分を劣っていると考える人でもその考えが当てはまることを発見したのです。

人間はいつでも理想の状態を追い求め、そこへたどり着けない自分に劣等感を感じてしまうという理論を発達させていった人なのです。

アドラーの言葉で自信を取り戻す

するどい視点にドキッとさせられる言葉を集めました。

健全な人は、相手を変えようとせず自分が変わる。不健全な人は相手を操作し、変えようとする

自分が苦手な人との関わり方をちょっと考えさせてくれる言葉ですよね。相手をかえるのではなく、自分が変わることで確かに全てが丸く収まります。

全ての悩みは対人関係の課題である。仙人のような世捨て人でさえも、実は他人の目を気にしているのだ

これはさすがに心理学者、精神学者の言葉だなと思います。どんな人間でも対人関係で悩み、他人の目を気にしているものなのですね。自分だけが特別ではないと気づかされる言葉です。

苦しみから抜け出す方法はたった一つ。他の人を喜ばせることだ。自分に何ができるかを考え、それを実行すればいい

負のスパイラルに陥ってしまった時などにはこの言葉はグッときます。他人を喜ばせること、そしてそのために自分ができることを考えて実行すれば、物事はいい方向へ変わっていくでしょう。

コンプレックスを努力で補えるという理論を持っているアドラーだからこその説得力。ちょっと自信をなくしてしまった時にはアドラーの言葉を味方にしましょう。

        
        

  関連記事

自然とポジティブ思考になれる!?「心クレンジング」とは?

無理やりのポジティブなダメ!ネガティブな心を受け止めよう 最近、色々なところで「 …

もう嫌!生理前のイライラはどうして起こるの?

生理前のイライラの原因と緩和・解消する方法とは? 生理前のイライラは仕方がないと …

身に覚えがあったら要注意!オバさんっぽい行動3選

無意識の行動が「オバさん」に見られている!? 「オバさん」と言われるのは女性なら …

宝塚「ブスの25か条」、あなたはどれだけあてはまる?

自分と向き合うことで成長し続ける、それが美人の鉄則 出典:宝塚歌劇倶楽部 201 …

自律神経失調症の原因はストレス!頑張り屋さんは気を付けて

自律神経失調症は普段の生活で予防できる なんとなく体調が良くない、気分が落ち込み …

つらいPMS・生理をスッキリ!カラダとココロにやさしいサプリ「ムーンラック」

女性に嬉しいハーブを含む8つの成分でつらい1週間をサポート PMSや生理痛、生理 …

仕事に自信を持ちたい人にはデール・カーネギーの名言を!

人を動かすことって本当に難しいもの。しかし実は自分の考え方次第で動いてくれるよう …

「モラハラ」って何?うちの夫もそうかもしれない・・・。

どういうことをされると「モラハラ」なの? 「モラハラ」とは「モラルハラスメント」 …

これはモラルハラスメント?
これってモラハラ?家庭内でどんなことがモラハラになるのか?

家庭内で起こるモラハラにはどんなものがあるのか? 最近テレビなどでよく目や耳にす …

見た目も中身も素敵な大人の女性の三カ条

外見のケアだけじゃダメ!心も素敵な女性になろう 「素敵な大人の女性」は外見の美し …