今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

要チェック!真面目に頑張る30代を襲う「非定型うつ病」とは?

あなたは大丈夫?うつ病のリスクが高い性格や環境
8815eb8e6dc4818f2961e251b1bdb1a6_s
いまや女性の5人に1人、男性の10人に1人が苦しんでいる、と言われているうつ病。30代の女性で急増しているのが、「プチうつ」とも呼ばれる「非定型うつ」です。

なぜ30代女性なのか、なぜ「非定型うつ」なのか、そこには気になる因果関係が。「最近疲れが取れなくて」「体が重くて起きるのがつらい」そんな30代はちょっと注意が必要です。

「非定型うつ」とは

「プチうつ」というと、「ちょっと憂うつ」くらいの軽い印象を与えてしまいそうですが、実は「非定型うつ」という病名があります。従来のうつ病は「定型うつ」となります。

定型うつと非定型では症状も対処も異なります。一例では定型うつの場合、ほぼ1日中うつうつとしていて、特に朝から午前中がもっとも落ち込みやすいのですが、非定型うつの場合は、夕方から夜にかけて憂うつな気分になることが多いようです。

また、定型では通常は嬉しいと思われることがあっても、体調や気分はよくないままですが、非定型では一気に元気に、ハイになります。一方で嫌なことがあると一気に落ち込むという、落差の大きさが特徴です。

非定型うつの場合は明るい時もあるので、本人も周囲もうつ病だと気づかないことが多く、それが症状を悪化させてしまうようです。

実は20~30代女性のうつ病では、8割が非定型うつだそうです。また男性の3~5倍ともいわれています。

なぜ30代女性に多いのか?

30代というのは女性にとって人生の大きな分岐点かも。

まず「結婚するのか、しないのか」、全国的な平均初婚年齢29.2歳、東京都限定では30歳ということですが、「結婚するなら30歳の誕生日前に」と考える女性は多いようです。でも30代といえば仕事が面白くなってくる時期、簡単には決めかねますよね。

その仕事ですが、キャリアに応じて責任も増え、いろいろ自分で決断する部分も多くなります。仕事によっては部下を持たされたり、転勤などの人事異動も関係しやすい時期。なにかとストレスも多くなりますよね。

一方、結婚している30代では「子どもをもつかどうか」出産関係での悩みが出てきます。高齢出産は35歳からですがリスクが高まるとされているため、「産むのならそれまでに」という希望は大きいようです。とはいえ、仕事や自分の生活スタイルとの関係、また掲載事情もありますし、簡単には決められない大問題です。一方でなかなか子宝に恵まれず不妊に悩む女性も増える時期でもあります。

出産した30代では子育て関係で悩んだり、育児に疲れたり。「夫が育児・家事協力してくれない」といった不満も増えて行きます。

なんだか書いているだけでも大変さがずっしりときますが、こうしたさまざまな分岐点でのぎくしゃく、不満、不安が大きなストレスとなってうつ病を発症してしまうのです。

こんな方は要注意!うつ病になりやすい

定型、非定型に関わらず、うつ病になりやすい人に多く見られる性格や環境等の傾向があります。もちろん、そういう性格や環境にいる人・全てがうつになるわけではありませんが、あなた自身だけでなく周囲の人も含めて、チェックしてみてくださいね。

性格面

・真面目、責任感や義務感が強い
・完壁主義者、理想主義者
・子ども時代、「いい子」だった
・人との争いを好まない、人に頼まれると断れない
・自己主張をしない、つねに相手の言うことを尊重
・周囲の目を気にする、人前であがりやすい
・自分の思いや考えを伝えるのがヘタ(だと思い込んでいる)
・被害妄想的な面をもつ

環境/身体面

・大切な人(家族・友人・恋人等)を亡くした、失った
・結婚、出産、退職・就職・転職、昇進、異動などの大きな変化があった
・介護、同居など生活リズムやスタイルが変わった、自分の時間が減った
・デスクワークが多く、人としゃべることがない
・過労、体調不良、病気などの自覚症状がある

30代女性におススメの「プチうつ」脱出法

プチうつの場合、ルーティンな生活で視野が狭くなって、気持ちが凝り固まってしまっているのも原因の1つ。ちょっとした気分転換で、悩みの答えが見えてくる場合もあります。デイリーな悩みの生活の中で改善できる対策をまとめておきます。

症状が重い場合は、自力で解消するのは困難なので、早急に専門医に相談してくださいね!

・旅行に出る
一気に環境を変えることができる一番の気分転換です。

・悲しい映画や面白い映画で思いっきり泣く、笑う
喜怒哀楽、自分の感情に素直になる。

・アウトドアに出かける
森林浴や、水辺・滝のマイナスイオンなど、自然のヒーリング効果で気持ちよくリラックス。

・ファッションを変えてみる
服や靴、アクセサリーを新しくするだけで、気持ちもリセットされます。

・エステ、マッサージに行く
実際にコリや冷えを解消することで心身もすっきりします、自分磨き効果も大!

・美味しいものを食べる
美味しい食事は舌も脳も喜びます。行きたかったお店があればちょっと高級店もトライ!

他にも好きなこと、ものにお金や時間をかけるなど、自分へのご褒美タイムを増やして、うつ気分を乗り切ってくださいね。

        
        

  関連記事

不足してない?幸せホルモン【セロトニン】の増やし方!

セロトニン不足の原因はライフスタイルにある!原因と改善策を紹介します。 「セロト …

いつまでも若々しくいたいなら嫌なことは手放して、好きなものを大切にしよう

明日も幸せ!と思えるような今日の過ごし方をしよう! 同窓会だけでなく女子会などで …

この症状は、更年期障害?更年期うつ?気になる症状をチェックしよう

更年期うつは婦人科でも治療できる!早めの対処で乗り切ろう 女性の更年期は一般的に …

つらいPMS・生理をスッキリ!カラダとココロにやさしいサプリ「ムーンラック」

女性に嬉しいハーブを含む8つの成分でつらい1週間をサポート PMSや生理痛、生理 …

脳を刺激して美人になる!ドキドキ・ワクワクでアンチエイジング

内面も外見もキレイになれる5つのポイント 皆さんは普段の生活の中でドキドキ・ワク …

身に覚えがあったら要注意!オバさんっぽい行動3選

無意識の行動が「オバさん」に見られている!? 「オバさん」と言われるのは女性なら …

驚くほど当たる!いまさら聞けない「ディグラム診断」とは?

自分の本性がわかるディグラム診断をやってみよう! 最近テレビやネットで話題の「デ …

ストレス社会の現代だから取り入れたい!マインドフルネスとは?

心のエクササイズともいわれるマインドフルネスを取り入れよう! 「マインドフルネス …

イライラが爆発しそう!そんな時はストレスクレンジングでスッキリ

日々のストレスはクレンジングでサヨナラしよう! 生きていればストレスから逃れるこ …

あなたも突然襲われるかもしれない、パニック障害とは?

うつ病とも関係が深いパニック障害、恐れずに対処することが重要 「パニック障害」と …