今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

あなたも突然襲われるかもしれない、パニック障害とは?

うつ病とも関係が深いパニック障害、恐れずに対処することが重要
1391f66f09a7c17634f37fb59ce4b166_s
「パニック障害」とは、特に理由もなく突然、息苦しさやめまい、激しい動悸・発汗などの「パニック発作」が襲ってくる病気です。大体10分くらいから1時間以内にはおさまりますが、最初の発作では救急車で病院に運ばれるケースもあります。

パニック障害は医療機関で検査をしても身体的な異常が見当らない場合が多く、パニック発作を繰り返すことになります。

パニック障害の原因

パニック障害の原因は、現時点ではまだ確定していませんが、これまでの研究等から脳内の神経系の機能異常や、脳内神経伝達物質に関連していることがわかってきています。

神経伝達物質のうち「ノルアドレナリン」は恐怖や不安に関係し、「セロトニン」は興奮を抑える役割を持っていますが、これらのバランスが崩れることでパニック発作が起こるのではないかと考えられています。ホルモンの分泌異常自体は、加齢や環境要因、また遺伝的な要因が関わっています。

パニック障害とうつ病

「パニック障害」は、うつ病とも関係が深い病気です。パニック障害から定型・否定型うつ病になる人もいれば、うつ病でパニック障害が起こるケースもあります。パニック発作は1回で終わらず何度も繰り返されるため、パニック発作自体への恐怖が強いストレスとなり心身に傷跡を残します。パニック障害が引き金となってうつ病となる場合もあり「パニック性不安うつ病」と呼ばれています。

パニック障害の症状

パニック障害で起きるパニック発作の主な症状には以下があります。

・頻脈(ひんみゃく):脈拍が異常に多い状態
・動悸、心拍数の増加
・胸部の痛みや不快感、息切れや息苦しさ、窒息感
・吐き気
・ふるえ、しびれ
・発汗
・寒気や熱っぽさ
・めまい、ふらつき感
・離人症状:自分が自分でない感じ
・コントロールを失うことへの恐怖
・このまま死んでしまうのでは?という恐怖など

予期不安と広場恐怖

パニック発作そのものは10~30分くらい、長くても1時間以内でおさまりますが、何回か発作を繰り返すことで「また発作が起きたら」という恐怖や不安が起きるようになります。これを「予期不安」といいます。

予期不安から「広場恐怖」につながるケースもあります。「広場恐怖」とは、以前パニック発作を起こした特定の場所や状況を避けるようになることです。たとえば通勤電車でパニック発作を経験した人は、電車に乗るのがこわくなります。そのために「回避行動」が増え、生活の活動・行動領域が狭くなってひきこもるなど、正常な社会生活に支障をきたします。

パニック障害への対処

パニック障害の場合、パニック発作が起こった段階で医師にかかっている比率が高いと思います。専門は精神科や心療内科となります。医療機関での治療方法としては、抗うつ薬や抗不安薬などを活用する「薬物療法」と、パニック障害になりやすい偏った思考パターンを正していく「認知行動療法」の2種類があります。

日常的には、以下のような対処方法があります。

食生活

ファーストフードへの依存や、ジャンクフードや糖分の摂りすぎなど、栄養バランスの乱れは体にも脳にもマイナスの影響を与えます。またコーヒーなどに含まれるカフェインが、パニック発作を誘発する場合があります。ホルモンの分泌にも深く関わるので、医師のアドバイスも受けながら正しい食生活を心がけてください。

体を動かす

PCワークなどで姿勢が固まり、血行不良や乳酸の蓄積を起こしやすい場合、それがパニック障害の誘因になります。軽く汗をかく程度の有酸素運動は、血行促進・代謝力アップにつながるうえ、気分転換にもなるのでおすすめです。

リラックスできる方法を見つける

音楽を聴く、アロマテラピーを活用する、ゆっくりお風呂に入る、睡眠の質を高めるなど、心が落ち着く習慣を取り入れましょう。ペットと楽しく過ごす時間も効果があります。

パニック発作で死ぬことはありません。パニック発作を恐れ、回避し続けることで活動が狭まると、うつ病にもなりやすく、症状が深刻化します。そのためには周囲にもパニック障害について理解してもらい、協力してもらえるようにしましょう。

        
        

  関連記事

5人に1人がうつ病の時代!知っておきたいうつ病になるパターンと対策

うつ病にならないために自分へのご褒美タイムを増やそう! WHOの推計では全人口の …

不足してない?幸せホルモン【セロトニン】の増やし方!

セロトニン不足の原因はライフスタイルにある!原因と改善策を紹介します。 「セロト …

自分へのご褒美!スイートルームでの美容合宿で心も体もキレイに

エステやスパなどは、いつもとは違う高級感のあるインテリアに囲まれながらトリートメ …

香水のつけ過ぎにご注意!「スメハラ」って何?

何をしたら「スメハラ」になるの? スメハラとは、すなわり「スメルハラスメント」の …

海外セレブも注目の座禅で心をリフレッシュ

海外セレブもやっている、座禅でアンチエイジング 「心のアンチエイジングってどうし …

要チェック!真面目に頑張る30代を襲う「非定型うつ病」とは?

あなたは大丈夫?うつ病のリスクが高い性格や環境 いまや女性の5人に1人、男性の1 …

愛の大切さをマザーテレサの言葉から学ぼう!

人と人との付き合いには少なからずトラブルがありますが、行き詰まってしまったらぜひ …

五月病は社会人なら誰でもかかる?その症状は五月病かも!

五月病の症状と予防法・対処法とは? 今ではすっかりおなじみになった「五月病」とい …

コンプレックスも吹き飛ばす!アドラーの言葉の数々

自信がなくなったり、悩みで気分があがらないときに一番おすすめなのはアドラーの力強 …

人と違うことを恐れないで!周りに流されない自立した女性になるための3つの方法

周りに流されない大人の女性になる方法とは 若さを保つためには、体のアンチエイジン …