今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

おさえておきたい、心と体の疲れをいやす入浴のポイント

入るタイミングやお湯の温度で入浴効果ががらりと変わる
1682d279343327d15bd8f5b85aca99fa_s
毎日のお風呂タイム。日々の汚れを落とすことも大切ですが、それだけでなく入浴にはいろいろな効果・効能があります。せっかくなのでバスタイムをフル活用して、上手に心と体の疲れをいやしましょう。疲労回復や美容効果、リラックス効果もあって、睡眠の質をアップすることもでき、代謝力全般にプラスに働くいい循環を作ることができます。

入浴のベストタイミングを考えよう

人間の体温はもともと朝は低く、徐々に上がっていって夕方のピークをすぎ、夜にむけて再び体温が下がっていきます。体温が下がることで基礎代謝を下げ、脳や内臓に休息をとらせることができるのです。そのためには夜は入眠の2〜3時間前に入浴することで、ゆるやかに体の深部温度が下がって行き、就寝前に適温になって、自然な眠りが訪れぐっすり眠ることができます。ただし入浴後の湯冷めには気をつけてくださいね。

また食事の前後30分は内臓に負担がかかりやすいので、入浴は控えましょう。

入浴の温度を使い分けよう

お風呂の温度は大切です。季節によって適温も違ってきますが、熱いお湯とぬるめのお湯では、身体に働く作用は大きく異なります。

熱いお湯の効果

身体は42℃以上の温度を熱めだと感じます。42℃以上のお湯は、自律神経系の交感神経を活性化させ新陳代謝を促進させます。その結果、発汗作用も活発になって老廃物が排出され、身体の疲労を改善することができます。お風呂に入ると疲れが取れる、と感じるのはそのせいです。

熱いお湯は食欲を抑制する効果があり、それによるダイエット効果も期待で来ます。

熱いお湯によって交感神経が活発になると、目が覚めて活動的になるので、すっきりしたい時やリフレッシュしたい時に入浴するのも効果があります。逆に夜に熱いお風呂に入ると神経が高ぶって、入眠しにくくなるケースもあります。

また、血圧が上昇し心臓の心拍数が増加するなど、心臓への負担は増えがち。年配の方や血圧が高い方、心臓があまり強くない方は、熱すぎるお湯は注意してください。健康な方でも長時間の入浴は要注意です。

ぬるめのお湯の効果

38~41℃のぬるいお湯は、熱いお湯とは反対に、自律神経系の副交感神経に作用して、身体をリラックスさせます。長時間つかっていることで、新陳代謝と発汗もゆっくりと進み、身体の芯から温まるので、冬場は湯冷めもしにくくなります。

ぬるめのお湯にゆったりつかっていると、リラックス効果で自然と心が癒されますし、入眠もスムースになります。熱めのお湯とは異なり、胃腸の働きを助け食欲増進効果があるので、夏バテの時などもよいですね。

また暑がりの方や心臓が弱い方にも、ぬるめのお湯での入浴や半身浴がおすすめです。

上手な活用方法

熱めでもぬるめでも、適した時間つかることで、発汗効果が発揮され、老廃物が除去される仕組みは同じです。血流をスムースにするのでより代謝効率がよくなり、冷えやコリも解消し、脂肪燃焼効果も高まってダイエットにも効果があります。

季節や、体調、疲労度などによって上手に使い分けましょう。冬場などは最初に熱いお風呂にはいって体温をあげ、そのあとぬるめのお湯でリラックスして過ごす、といった組み合わせもよいですね。

いずれにしても、入る前や出たあとには水を飲むなどしっかり水分補給をして、肌の保湿なども気をつけてケアしてくださいね。

バスグッズを楽しもう

入浴する時に使うアイテムも楽しんで選びませんか?シャンプーやコンディショナー、ボディソープも香りのよいものや、美容効果の高いものなどさまざまな効果のものが充実しています。また湯舟にいれる入浴剤も、炭酸などで温浴効果、疲労回復効果を高めるもの、アロマテラピー効果のあるもの、保湿効果の高いものなど種類が豊富です。気分や体調などで使い分けるのもよいですね。

タオルやスポンジもマッサージ効果の高いもの、泡立ちが良くきめ細かい泡で美肌作りに役に立つものなどを選ぶと、バスタイムが2倍3倍と有効活用できますね。

        
        

  関連記事

自律神経失調症の原因はストレス!頑張り屋さんは気を付けて

自律神経失調症は普段の生活で予防できる なんとなく体調が良くない、気分が落ち込み …

上品レディを目指して魅力と色気をアップ

大人の女性に下品さはNG 上品なレディでいるために気をつけたいポイント 若い時は …

自然とポジティブ思考になれる!?「心クレンジング」とは?

無理やりのポジティブなダメ!ネガティブな心を受け止めよう 最近、色々なところで「 …

5人に1人がうつ病の時代!知っておきたいうつ病になるパターンと対策

うつ病にならないために自分へのご褒美タイムを増やそう! WHOの推計では全人口の …

これはモラルハラスメント?
これってモラハラ?家庭内でどんなことがモラハラになるのか?

家庭内で起こるモラハラにはどんなものがあるのか? 最近テレビなどでよく目や耳にす …

つらいPMS(月経前症候群)を簡単に解消するリラックス方法

PMS(月経前症候群)なんかに負けない方法を伝授します 女性は、月に一度、生理が …

心と身体のケアに。アロマテラピーがもたらす効果とは? 

精油の持つ香りが大脳に伝わり、体を調整 アロマは、我々の日常生活に馴染み深いもの …

性格が顔に出るってどういうこと?その顔のクセ、もしかして老けて見えてるかも!

普段の何気ない表情が顔に及ぼす影響とは? よく『性格が顔に出る』って言いますよね …

ストレスがたまるとオバさんに見える!?

老け顔の原因はストレスのためすぎ 不機嫌な顔、疲れたような表情、目の下にくっきり …

妊婦であるがゆえに受ける嫌がらせ。「マタハラ」とは?

働く妊婦を悩ませる「マタハラ」とは? マタハラとは、「マタニティーハラスメント」 …