今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

将来的に自己破産の危険もある買い物依存症、あなたは大丈夫?

ネットショッピングやネットオークション、ブランド大好きな人はイエローカード!
89a3635158b960c6ac7b82694cce2713_s
特に必要ではないのについ衝動的買いをしてあとで大反省、女性なら何度かは体験しているショッピングの失敗談だと思います。

ただその回数が増え、クレジットカードの支払いに追われるようになると、それは「買い物依存症」かも?

買い物依存症とは

買い物依存症は、以前は浪費癖だと思われていましたが、精神疾患の一つであり治療が必要な症状です。女性のほうが陥りやすく、男性のギャンブル依存症やアルコール依存症と同様に考えられています。

買い物依存症の一番の原因としてはストレスがあげられげます。なにか嫌なことがあったり、イライラすると買い物をして、気分を高揚させたり心を癒しているのです。

そのため何かを買う行為そのものが目的となって、まったく不要なものを買ったり、自身の経済力以上の高額品を購入してしまいがち。同じものを何度も買ったりしてしまうことから、記憶障害や認知症の発症も要因として検討されます。

症状が悪化すると、買い物欲求が抑えられず借金を繰り返してでも買い物を続け、自己破産に陥るケースもあります。本人は罪悪感や不安感を感じ、自己嫌悪に陥ることも多いのですが、買い物依存症という自覚がないので衝動を止めることができません。

買い物依存症を加速させる要因

クレジットカードやカードローンの利用

最近では入会金も年会費も無料のクレジットカードが増え、審査も簡単になりました。手元に現金がなくても後払いで購入でき、ローンやリボルビング払いによって高額な商品も購入できてしまいます。そのために収入以上の買い物をしてしまいがちです。

ネットショッピングの普及

ネットショッピングの普及で、24時間自宅でいつでも買い物ができます。多くの場合クレジットが利用できます。これまでの検索履歴からユーザーの好好きそうな商品を表示するケースも多く、誘惑が大きくなっています。

ネットオークション

なかには、ヤフオク!や楽天オークションなどのネットオークションにはまってしまう場合もあります。ネットオークションは定価より安く買えたり、買い損ねたものやレアな商品なども販売しているので買い物の楽しみが広がります。
入札形式なので商品を落札できるかどうかを他人と競うスリルもあり、普通の買い物以上にヒートアップしやすく、それが快感となって抜けられなくなるのです。

高級ブランド店でのセレブ扱い

高級ブランド店ではお客様に対しセレブのように接客対応します。お店もゴージャスなインテリアなどリッチな気分になれます。また試着時などに「よくお似合いです」と褒めてもらえます。そうした「セレブ扱い」が快感となって、依存が進みます。

買い物依存症に陥りやすい人チェックリスト

買い物依存症に陥りやすい人には共通の傾向があります。主なものをまとめておきますので、チェックしてみてください。当てはまることが多い場合は要注意です。

  • 日常生活の不満やストレスが多い
  • 真面目で人に頼ったり相談するのがヘタ、自分でかかえこんでしまう
  • チヤホヤされるのが好き、ほめられたい、大切にしてもらいたい
  • 自分に自信がないので、ブランドなどに頼ってしまう
  • 家計簿をつけない、何を買ったのか把握できていない、買っただけで満足してしまう
  • クレジットカードやローンを利用するのが気にならない
  • 欲しい!と思ったら買うまで気持ちが落ち着かない、執着してしまう

買い物依存症の対策

買い物依存症の予備軍かな、と思ったら、依存する状態から抜け出しましょう。

クレジットカードやカードローンをやめる

思い切ってクレジットカードを処分したり、カードローンを解約してしまって、持ちのお金だけで買い物をする習慣を身につけましょう。

買ったものを把握する

定期的に部屋を片づけて、何をどれだけ買ったかをチェック。買いっぱなしで使ってないものや、同じものを買った場合などを「お金の無駄」としてきちんと把握します。

購入リストを作成する

買い物依存症は欲望のままに、自分の収入に見合わないものまで購入してしまいがち。そこで本当に必要なものと予算などをリストにまとめておきます。リストにないものは買うのを踏みとどまるようにしていきましょう。

1日おいて考える

衝動的な買い物をやめて、すぐに買わずブレーキをかけるようにします。1日おくと高揚もおさまって冷静に考えられるので、「なんでこんなもの欲しかったんだろう」というパターンもあるかも。

依存度が高く借金などのトラブルが増えているようなら、専門家へ相談することも大切です。精神科や心療内科に相談してみてください。周囲が気づいたらなるべく早く治療を勧めることも大切です。

        
        

  関連記事

不足してない?幸せホルモン【セロトニン】の増やし方!

セロトニン不足の原因はライフスタイルにある!原因と改善策を紹介します。 「セロト …

イライラが爆発しそう!そんな時はストレスクレンジングでスッキリ

日々のストレスはクレンジングでサヨナラしよう! 生きていればストレスから逃れるこ …

マウンティングって何?知らないうちにされているかも

女性に急増!相手を見下すマウンティングとは? 沢尻エリカさんが主演したドラマ「フ …

この症状は、更年期障害?更年期うつ?気になる症状をチェックしよう

更年期うつは婦人科でも治療できる!早めの対処で乗り切ろう 女性の更年期は一般的に …

あなたも突然襲われるかもしれない、パニック障害とは?

うつ病とも関係が深いパニック障害、恐れずに対処することが重要 「パニック障害」と …

イマドキの学校事情。「スクールハラスメント」とは?

先生を信じていたのに・・・!「スクールハラスメント」の実態。 スクハラとは、「ス …

脳を刺激して美人になる!ドキドキ・ワクワクでアンチエイジング

内面も外見もキレイになれる5つのポイント 皆さんは普段の生活の中でドキドキ・ワク …

30歳を過ぎてからの新しい友達づくりのポイント

ライフスタイルがある程度定着してくる30代になると、「新しい出会いが少なくなった …

いつまでも若々しくいたいなら嫌なことは手放して、好きなものを大切にしよう

明日も幸せ!と思えるような今日の過ごし方をしよう! 同窓会だけでなく女子会などで …

自分へのご褒美!スイートルームでの美容合宿で心も体もキレイに

エステやスパなどは、いつもとは違う高級感のあるインテリアに囲まれながらトリートメ …